労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その3

<<   作成日時 : 2005/05/04 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その2」では、増えなくなった理由として「反動」を考えました。

第三番目の仮説は「飽和」です。「同一賃金同一労働のアイロニーその2,3」で、パートタイム労働は、「かなり定型化されていて、本人の裁量や努力がそれほど仕事の成果に反映しないような仕事」に向いているということを書きました。
http://takamasa.at.webry.info/200503/article_4.html
http://takamasa.at.webry.info/200503/article_5.html

このような仕事が、パートタイム労働者にどんどん切り替えられていくとします。その途中ではパートタイム労働者は、増え続けます。でも、切り替えの結果、このような仕事についているのは、すべてパートタイム労働者になってしまえば、そのような仕事が増えない限りもうパートタイム労働者は増えません。フルタイム労働者も減りません。

これが「飽和」です。証拠を探してみましょう。
「その1」で使った毎月勤労統計調査の17年3月結果の第3表です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/17/1703p/xls/1703c03p.xls
この調査は、常用雇用を取っていますので、その中のパートタイム労働者の割合を計算しました。
こうなっています。単位は%です。
調 査 産 業 計 25.2

鉱     業 3.1
建  設  業 4.5
製  造  業 13.3

電気 ・ ガス業 2.4
情 報 通 信 業 9.5
運  輸  業 10.8

卸売 ・ 小売業 41.9
金融 ・ 保険業 6.5
不 動 産 業 13.9

飲食店,宿泊業 66.2
医 療,福 祉 23.7
教育,学習支援業 21.3
複合サービス事業 22.9
サ ー ビ ス 業 26.4

産業によって随分差があります。パートタイム労働者向けの仕事は、「飲食店,宿泊業」、「小売業」で特に多く、「医 療,福 祉」、「教育,学習支援業」、「複合サービス事業」、「サ ー ビ ス 業」でもかなりあると思われますが、これらの産業がパートタイム労働者だけで成り立つ訳ではありません。
限界があるはずです。どうも、「飲食店,宿泊業」、「小売業」などでパートタイム労働者の割合が、高くなり、「飽和」している可能性があります。

では、「反動」、「飽和」以外の可能性はないでしょうか。
(つづく)

5月4日で「記事ページ合計」が5,000を越えました。読んでいただいた方ありがとうございます。
人気blogランキングでは「社会科学」の43位でした。クリックしていただいた方にもお礼を申し上げます。
 ↓クリックお願いします。
人気blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その1」について
「パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その1」「パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その2」「パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その3」 に、rascalさんから丁寧なコメントをいただきました。 ...続きを見る
労働、社会問題@WebryBlog
2005/05/22 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 この場所にコメントするのは不適当かと思われますが、「労働、社会問題」ブログの4月17日の記事にコメントをつけておきましたので、反論をよろしくお願いします。反論はできれば4月17日の記事のコメントでお願いします。
風の祈り
2005/05/05 05:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
パートタイム労働者が増えなくなったのはなぜ? その3 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる