労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS ニートのミクロ経済学 その4

<<   作成日時 : 2005/06/01 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

5 選好に基づき決定を行うことは、個人にとってなんら負担ではない。
6 個人は、選好に基づき速やかに決定を行う(行える)。

はセットで考えて見ます。(6は5の結果といえます。)どのような人間にも「現状」はあります。これを変えるためには決断が必要です。普通、経済学ではこのような決断は簡単に行えると考えてるようです。不確実性があればそれを考慮して決定を簡単に下すと考えているようです。

しかし、日常の買い物の際の決定と長く続ける仕事を選ぶという決断は重みが違います。重大な決断をするためには、それなりの心理的なコストがかかります。心理的なエネルギーを必要とするとも言えます。

就職先の決定は重大な決定の典型でしょう。何度も就職に失敗したり、ついた仕事(先)でうまくいかなかったりすると、心理的なコストが大きくなり、エネルギーが不足したりするのではないのでしょうか。もしそうなら、そういう若者は、「現状」維持を続けることになります。つまり、いったん無業やアルバイト生活をすると、無業をつづけたり、アルバイトからアルバイトへ渡り歩いたりするのです。

7 個人は自分の労働能力を知っている。
この条件が満たされないとき、無業、不安定就労を続けることになりがちであることは、説明の必要はないでしょう。

なお、このような若者は、合理的な計算の結果、求職活動をしないことにした「求職意欲喪失者」とは違います。

このような、ミクロ経済学の仮定が当てはまらない若者の抱える問題は、マクロ経済の好転、労働市場のタイト化だけでは解決できない可能性があります。そのためには、経済学の伝統的な思考の枠組みから見れば異様な心理学的、社会学的政策が必要な場合があります。

とはいえ、本当に人手不足になれば、企業はあの手この手で若者を採用しようとするでしょう。若者が迷っていても、決断できなくても、手を引いて、背中を押して職場に引き込んでしまう。企業にはそれくらいの能力はあるはずです。このような若者の問題を解決するにはミクロ施策しかないというわけでは決してありません。

ミクロ施策の必要性は認めます。しかし、マクロ施策なしにこの問題を解決できると考えるのは、幻想です。

次回からは、再び「実証派」に戻ります。

人気blogランキングでは「社会科学」の42位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[経済・社会]雇用形式などに関する備忘録的整理
9月以降のエントリーにおいて、いくつか日本的な長期的・安定的な雇用システムの優位性について言及しながら、うまく整理できていないような違和感があり、現段階で、少し整理できた感が見えてきたので、備忘録的に整理しておく。 (方法論的)個人主義という考え方は、合理的な個人というものを前提とすることが重要なのだろう。合理的な個人というのは、自分なりに考えると、ある程度自分自身に見切りをつけた人間ということになる。期待の持てない将来の便益に期待し行動する人間は、明らかに合理的ではない。将来生じうる便益を見極... ...続きを見る
ラスカルの備忘録
2005/09/28 23:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニートのミクロ経済学 その4 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる