労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 基礎年金と国民年金

<<   作成日時 : 2005/10/21 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

国民年金の未払い解消が叫ばれています。

「年金保険料の未払い→老後は無年金(正確ではありませんが)→生活困窮→生活保護受給→国民の税負担増加」となると、まじめに保険料を払った方が馬鹿だったということになりかねません。

「加入すれば(これも正確ではありませんが)確実に年金をもらえる、加入してもらった方が得だ。」そうみんなが納得するような制度にする必要があるでしょう。

そこで、一つ案を考えてみました。

基本的な発想はこうです。

国民年金の保険料を最高でも月1万5千円に抑える。すると最高で年18万円の負担です。40年間加入すると支払う保険料は720万円です。一方、40年加入の場合の年金の額は、80万円です。
そうすると、9年で元が取れます。(利子のことはとりあえず無視しておきます。)つまり、65歳から74歳まで受給すると元が取れることになります。

寿命が短い男性でも、年金保険料を払い出す20歳の時の平均余命は59年、つまり平均すれば79歳まで生きるということです。平均まで生きれば元は十分取れます。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life04/m.html
まして、寿命の長い女性は、20歳の時の平均余命は66年。平均86まで生きます。平均より8年も早死にしても元が取れます。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life04/f.html

こうすれば、役所が努力しなくても多くの方が加入するでしょう。

では、月額保険料を1万5千円に抑え、しかも将来の年金支払いを確実なものにするにはどうすればいいか?これが問題です。答えは次回に。


人気blogランキングでは「社会科学」の19位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
基礎年金と国民年金 その2
今日は、「基礎年金と国民年金」で出した「月額保険料を1万5千円に抑え、しかも将来の年金支払いを確実なものにするにはどうすればいいか?」という問題に対する答えです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2005/10/22 09:45
国民年金 5000万件の年金記録紛失問題について
年金記録紛失問題について、政府は基礎年金番号と統合されずに不明となっている5000万件について、来年5月までの1年間ですべて照合する方針ですが、かりに全照合されても、これで全て解決と思っている人が多いのではないか。 ことは、そう簡単ではなさそうですよ。 5000万件全件照合すれば、1年後には未統合のものがゼロと考えるのは間違いで、全件照合が完了したからといって、直ちに未統合が解消するわけではない。ただ、5000万件と統合済みの記録を、氏名や性別、生年... ...続きを見る
国民年金
2007/06/12 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基礎年金と国民年金 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる