労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS インターネット新聞への疑問

<<   作成日時 : 2005/11/20 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今、大手新聞はインターネットで、記事を提供しています。都道府県レベルの地方紙でも過半数が提供しているのではないでしょうか。共同通信のホームページ(http://www.kyodo.co.jp/)から多くの地方紙に移ることが出来ます。

さて、私、どうも分からないことがあります。政府の統計の発表など、政府の発表に基づく記事がたくさんあります。これらの元になった発表は、これまたほとんど政府のHPに載っているのです。

では、なぜ、インターネット新聞は、その記事から政府の発表へのリンクを張らないのでしょう。こういうブログからでも簡単に張れるのですから、技術的に出来ないということはあり得ない。

張ってくれれば、随分便利だし、特に新聞より詳しいデータを見ることが出来ます。政府の発表と新聞による解説と二つを見比べられますし、多角的なものの見方が出来るし、世のためにもいいのではないかと思うのですが。

紙とは違うインターネットの特性を生かすいい方法だと思うのですが、何か問題があるのでしょうか?

ここをクリック ↓お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」の43位でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
政府発表ばっかり記事にしてることが、バレちゃうからじゃないですか?
シーラカンス
2005/11/25 22:49
>シーラカンスさん
うーむ。これ冗談ですか?それとも本気でそう思われますか?
本来なら、政府発表が間違っていれば指摘する。政府発表について(いろいろな角度から)考察するといった機能がないと行けないような気がするのですが。紙媒体ですと紙面に限りがありますが、インターネット新聞ならそういう制約はないのですから。
あ、課金できないか?あ、紙の新聞が売れなくなるか?
平家
2005/11/26 12:10
いや、結構本気です。半分皮肉でもあります。
新聞って、発表ものをヒネりもせずによく記事にしてることありますですよ。そのまんまやんけ、と思うことも時々あります。

インターネット上の記事をどういう扱いにするかは、各オールドメディアとも悩んでいる真っ最中だと思います。かつてアメリカで新聞記事をタダで掲載してしまったことのツケが今に至るまで続いていて、「インターネット上の情報はタダ」というコンセンサスを作ってしまいましたからね…。せめて掲載期間を短くするとか、紙媒体のほうを内容豊富にするとかいう方法しか採りようがない状況です。
シーラカンス
2005/11/27 20:04
すると、3つ考えられるのでは?
1 現在のテレビの民放のように、広告で稼ぐ。
2 新聞よりずっと詳しくして課金する。
3 2の変形ですが、新聞程度のものを読む範囲では無料。さらに詳しい情報を知りたければ有料。
無理でしょうか?
平家
2005/11/28 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
インターネット新聞への疑問 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる