労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者援護施設職員の気持ち その1

<<   作成日時 : 2005/12/27 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

介護職員の気持ち」に続いて、援護施設職員の気持ちです。
データは厚生労働省の社会福祉施設等調査(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/fukushi/04/kekka3-2.html)です。
(12月29日追記 リンク先のアドレスが間違っていたのを修正しました。すいませんでした。)

<caption align="center">仕事を選んだ理由(%)</caption>
職種働きがいのある仕事能力・個性・資格を活かせる通勤が便利労働条件が良い
身体障害者更正援護施設
生活支援・指導員62.335.115.011.9
職業・作業指導員53.929.021.617.8
看護職員40.831.339.028.2
介護職員63.329.425.37.5
知的障害者援護施設
生活支援・指導員67.534.417.27.7
職業・作業指導員64.229.617.58.8
看護職員45.641.935.930.9
介護職員57.428.521.913.7
(参考)介護施設
介護職員64.636.836.410.4


どちらの施設でも、どの職種でもよく似た結果です。理由として4種類だけあげました。

例外があり、身体障害者更正援護施設の介護職員は、4位が「給与等の収入がよい」(7.9%)です。また、知的障害者援護施設の生活支援・指導員では、4位が「子供のときからの希望」(8.9%)です。
また、身体障害者更正援護施設の看護職員は、2位が「通勤が便利」、3位が「能力・個性・資格を活かせる」です。

これを除くと

一位 働きがいのある仕事だから

二位 能力・個性・資格を活かせる

三位 通勤が便利

四位 労働条件が良い

です。「労働条件がよい」以外に「給与等の収入がよい」がありますので、この労働条件は給与を含みません。

総合施設長のブログ(http://blog.livedoor.jp/kyf2/archives/50305660.html)で知的障がい者施設の長谷川施設長さんが書かれているところによると、施設職員は、学生の目にやりがいのある仕事と映っているようです。確かにこの調査結果からは、やりがいがあるし、能力・個性・資格を活かせる仕事であると、職員も考えていることが分かります。これで、給与も良ければ言うことはないのですが。

次回は、職員の不満、悩み事について書く予定です。



人気blogランキングでは「社会科学」の18位でした。クリックしていただいた方、本当にありがとうございました。今日も↓是非クリックをお願いします。
人気blogランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
障害者援護施設職員の気持ち その2
「障害者援護施設職員の気持ち その1」の続きです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2005/12/27 21:43
介護施設にはどのような種類があるのか?
介護サービスには、自宅で受ける介護と介護施設に入り、介護を受ける2種類の介護がありますね。ところで、この介護施設というのは、実際どんな感じなのでしょうか?一般的に、介護施設と言った場合、主に介護老人保健施設を意味しています。 ...続きを見る
介護保険、サービス、施設、用品を学ぶ
2008/10/13 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害者援護施設職員の気持ち その1 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる