労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護職員の気持ち

<<   作成日時 : 2005/12/08 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

ケア マネージャーの気持ち」で、ケア マネージャー(介護支援専門員)の労働条件と意識について厚生労働省の調査をご紹介しました。

同じ調査で介護施設で介護に当たっていらっしゃる職員(介護職員)についても、調査されていますので、ご紹介します。

その説明の前に、前回と同様、いくつか客観的なデータを。
まず、平成16年の「賃金構造基本統計調査(http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-rou4/data16/30401.xls)」から、労働条件を。※134行目にあります。

<caption align="center">介護職員の労働条件</caption>
項目男女計男性女性
年齢(歳)35.032.536.1
勤続年数(年)5.75.65.8
所定労働時間(月あたり時間)165165165
超過(所定外)労働時間(月あたり時間)
現金給与総額(千円)221.4238.1214.1
所定内給与(千円)207.7222.3201.4
1年分の特別給与(千円)630.0695.6601.4
労働者数(人)315,43095,880219,550


ケア マネージャーと同じように、所定外労働時間があまり長くないこと、女性の割合が高いこと、そして賃金が女性の方が低いことに注目してください。

ケア マネージャーに比べると、労働時間にはほとんど差がありません。賃金の方は大体5万円ぐらい低い水準です。「院生の給料」で、学卒の初任給をご紹介しましたが、男性で修士の初任給ぐらい、女性で大卒より1万円ぐらい高い水準です。

介護職員の内、介護実務の専門家と言えるのが、介護福祉士です。介護職員の平均よりは給料が高いのではないかと想像します。介護福祉士になるのには、になるにはいろいろなコースがあるのですが、一つは福祉計の大学を出て、1年間養成所に行くことです。これを考えると、現在の賃金水準をどう評価すべきでしょうか?

なお、介護福祉士の仕事、なり方など知りたい方は、介護福祉士会のHPをご覧になるといいと思います。http://www.jaccw.or.jp/mezasu/mezasu.html

なお、参考ですが、介護施設の介護職員はかなり求人があります。必ずしも資格を要求しているとは限らないので、失業から脱却するなら、狙い目です。


さて、いよいよ「平成16年度介護サービス施設・事業所調査」の結果です。http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service04/index.html

まず、図12と表26をご覧下さい。
この調査で見ても、労働時間はそれほど長くありません。問題は交代制勤務があることです。日勤は27.9%だけで、三交替が22.8%、二交替が38%です。時間は短いが、きついということです。仕事の内容が受け入れられるなら、夜だけ働きたいという方には向くかもしれません。多分、給料も平均よりよくなるはずです。

図14(p.23)をご覧下さい。
現在の仕事を選んだ理由です。

一位 「働きがいのある仕事だから」  64.6.%
二位 「能力・個性・資格が生かせる」 36.8%
ケア マネージャーでは、この両者にはほとんど差がなかったのですが、介護職員では大きな差があります。資格のない方がいらしゃることも影響しているでしょうし、資格の割には給料が安いと言うことかもしれません。

三位 「通勤が便利」           36.4%
これは、ケア マネージャーと差がありません。結婚した女性には重要なことかもしれません。
四位 「労働条件がいい」        10.4%
ケア マネージャーでは18.1%あったのですが、随分低くなっています。給料が5万円ぐらい安く、交代制もあるというのでは、やむを得ない結果でしょう。

ケア マネージャーの気持ち」で、ご紹介したように、ケア マネージャーの試験の合格者の28.7%が介護福祉士です。このような状態であれば、ケア マネージャーになりたいと考える方がいらっしゃるのも無理はないでしょう。

次に、「現在の仕事への不満、悩み」です。表28をご覧下さい。

「給与等収入が低い」がトップで、47.8%もあります。ケアマネージャーと比べると10ポイント以上高い水準です。次が、「有給休暇が取りにくい」では43.9%です。ケアマネージャより20ポイント近く高い水準です。一方、交代制があるにも関わらず、「労働時間が希望に合わない」は8.3%で、これはケアマネージャーとほぼと同じです。

ケアマネージャーでもっとも不満が高かった「業務の負担や責任が重すぎる」は29.9%で低いのですがかなりの割合です。「給料の割に」ということかもしれませんし、高齢者に直接接していて、直接責任を負うことの反映かもしれません。「介護 追加」で、別な統計をご紹介したのですが、「利用者の事故への補償」を多くの方が心配しているようです。「仕事がきつく体力的に不安がある」も26.8%あります。

この労働条件、介護職員の気持ちをを皆さんはどのように思われますか?

人気blogランキングでは「社会科学」の37位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
障害者援護施設職員の気持ち その1
「介護職員の気持ち」に続いて、援護施設職員の気持ちです。 データは厚生労働省の社会福祉施設等調査(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/fukushi/04kekka3-2.html)です。 ...続きを見る
労働、社会問題
2005/12/27 06:17
介護職員
今日(2006年1月5日)の日本経済新聞に面白い記事が載っていました。「人口減といきる 始まった未来に向け 下」という記事です。 曰く「看護師、介護士・・・。需要に対し絶対的に不足するマンパワー。日本人の力だけでは立ちゆかなくなる可能性が高い。(中略)高度な技術や経験を持った異国の人と、今よりずっと密接になっていく。そんな未来への備えがあるのだろうか。  例えばアジアの国の看護師やホームヘルパーなどの受け入れが進まないのは制度がなかなか整わないから。」 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/01/05 19:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
老人介護目線ではなします!それぞれの会社の社長の意識、施設の責任者によって、働くスタッフがどのような気持ちで働くか!左右されるのも事実です!認知症の高齢者の介護は、大変です。『利用者の心身のケア』かなり深いです。100%もありませんし、底もありませんし……。
定収入とゆう意見もあると思いますが、福祉業界で働くことはどのような気持ちで働かなくてはならないか!利用者に支援することが目的なのでは?世代交代がある以上、基本どんな人も全員が通らなくてはならない道だと思います!人間支え合ってこそなのでは?(きれいごとじゃ生きていけないのもわかりますが…)今の日本人は 自分がよければって人が多過ぎる。教育もあまいし…。ひとつの組織が輪になれないのなら、各市区町村、都道府県、ましてや、国!まとまる事もできず、それぞれが単独行動!自分に甘く、他人を気にせずですね……なにも、解決できずできずですね……嫌な世の中になりましたね……。寂しく思います……。
三朗
2008/07/21 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
介護職員の気持ち 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる