労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS リフレ政策の検討 その7

<<   作成日時 : 2006/02/02 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

リフレ政策の検討 その6」にrascalさんから、コメントをいただきましたので、とりあえずのお返事を。

実は、最初に書いて置いたように私は自分がリフレ政策を十分理解できているとは思わないので、「総需要の喚起につながるかどうかわからない」というのが「私には判断がつかない」という意味なら、その通りです。

一番わからなくて困っているのは、これです。
日銀が今の時点で長期国債を買い始めたとき、民間の主体は将来物価が上がり始めると予想するかどうか。今まで書いてきたのは、この問題に対する自問自答です。一部表現がわかりにくいところがありますが。

他の多くの主体が、ご指摘のような経路で物価が上がると予想するだろうと考え、それに基づいて物価が上昇し始めるという予想を形成する主体ももちろんあり得るでしょう。随分、動学マクロ経済学に詳しく、且つ、他の主体も動学マクロ経済学に詳しいと考える主体のようですが。

経済学の理論の問題として期待形成を考えるときには、合理的期待形成を想定して議論するのが作法だと思いますが、経済政策を論ずるなら、今の日本でどのような期待が形成されるかを考えなければなりません。決して経済学を馬鹿にしているわけではありません。

国債買い入れから、直接期待形成に行くのではなく、例えば、国債買い入れ→金利低下→投資増加→総需要増加→物価上昇→物価上昇期待の形成なら、むしろわかりやすいのですが。そうではないとするとどのような期待形成メカニズムがあるのかが、よくわからないのです。

今、頭を悩ませている問題が、後二つあります。
1 リフレ政策を採る前に、輸入インフレが発生したとき、何が起こるか?金融政策でホームメイドインフレを起こしたときと同じ結果になるのか?購買力の流出があるので、違う結果がもたらされる可能性があります。輸入インフレが起こったとき、さらにリフレ政策を採るべきでしょうか?

これは現実に起こる確率がかなり高いシナリオなので、気になります。もう一つがこれです。

2 ここ数年、GDPデフレーターはマイナス、消費者物価もマイナスですが、企業物価はプラスです。すると、企業を相手に商売をしている企業にとっては、デフレではなかったということになります。これと経済全体の関係をどう考えたらいいのか?

まだまだ、自問自答、試行錯誤を続けなければなりません。考えているうちに物価下落が終わってしまうかもしれません。

人気blogランキングでは「社会科学」の17位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リフレ政策の検討 その8
「リフレ政策の検討 その7」に、rascalさんからコメントをいただいていたのですが、うまく考えがまとまらず、お返事ができませんでした。まだ、まとまっていないのですが、少し、とりとめのない話を。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/04/08 10:13
リフレ政策の検討 その9
「リフレ政策の検討 その8」にrascalさんから幾つかコメントを頂きましたので、お返事を。前回のものに考え方、表現ともに熟していない部分があったので、その説明を兼ねます。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/04/12 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
応答していただきありがとうございます。リフレ政策が求めているのは、「長期国債の買入れ」(量的緩和)+「インフレ目標」のセットで期待インフレ率を高める、ということだと思います。この点は、今手元にある若田部「改革の経済学」p.346 等でも触れられています。(自分のブログに少し書きました。)また、実証面からの話としては、量的緩和が1年以上のラグをともなって経済に影響してくることについて、下記のブログなどでも触れられています。
http://d.hatena.ne.jp/koiti_yano/20060104
「経済学」と「経済政策」での論じ方の違いというのは、突き詰めると、奥の深い議論があるのかも知れませんね。
rascal
2006/02/04 01:08
輸入インフレに関しては、昨今の原油高などを念頭に置かれているのでしょうか。コスト・プッシュ型のインフレが生じているときに、量的緩和を続けると、円安と資金の流出が生じて、内需にはマイナスに働く可能性があるのでは、という風に理解しましたが、コスト・プッシュ・インフレは一時的なものであり、(金融政策により為替レートは概ねコントロール可能であるとの見方にたち、過度に円安にならないよう)金融調節を適切に行うことが可能であれば、資金の流入を継続させることができるようにも思いました。企業物価も、下記のデータをみると、基本的にはデフレが継続しているようにも読めます。(最近のデータでは、プラスに浮上しているようですが。)
http://www.keizai-shimon.go.jp/explain/progress/deflation/
自分もちゃんと理解しているとは言い難く、いずれにしても、ちょっと考えてみる必要がありそうです...
rascal
2006/02/04 01:09
rascalさん、私ももう少し考えます。
なお、国内企業物価は、2004年+1.3%、2005年+1.7%です。輸入物価は、2004年+4.2%、2005年はなんと13.2%です。いつかは輸入物価から国内企業物価、消費者物価へ響いてくると思います。そのとき、現在のように当座預金残高が30兆円を越していればホームメイドインフレになってしまわないか、それともあえてインフレを起こすべきかというのがひとつの問題です。他にもあるのですが、まだまとまらないので。
平家
2006/02/04 20:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リフレ政策の検討 その7 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる