労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 労働・社会統計の入り口

<<   作成日時 : 2006/02/03 07:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

厚生労働統計統計一覧
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/index.html

厚生労働省の統計調査、業務統計への入り口です。
調査内容、調査対象、調査周期、公表予定、実施担当部局、集計結果表等へのリンクがあります。調査名がわからないが、分野はわかっているというとき、ここから入っていくと便利です。

最近公表の統計調査
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/index.html

厚生労働省がマスメディアに発表した統計調査、業務統計の概要です。すべての統計調査、業務統計は発表される訳ではありませんが、主なものは発表されますので、新聞を読んで、詳しい内容を知りたいとき便利です。
「何かこの新聞記事、簡単すぎるな、もうちょっと詳しいといいな、わかりにくいな、変だな」と思ったときに見ると疑問が解消するときがあります。ほとんどの新聞記事が、発表のダイジェストでしかないということがよくわかるという説もあります。
ここを見て、さらに詳しいもの、過去の結果を見たいときは厚生労働統計統計一覧を見るのがいいです。ただ、詳しい内容が載るのには、少し時間がかかります。

厚生労働省統計データベースシステム
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/IPPAN/ippan/scm_o_NinshouNyuuryoku

最も詳しい情報を提供しています。研究者、学生、凝る方、マニア向けです。集計表のダウンロードができますので、自分で、加工し、簡単な分析を行うことができます。学生がレポートを書くときにいいと思います。
調査票も見ることができます。
まじめな報道関係者、発表ものがなくネタに困った報道関係者、休暇前に記事を書いておきたい報道関係者にも便利です。集計表の読みとり能力が必要です。

厚生統計に用いる比率及び用語の解説
http://www.mhlw.go.jp/toukei/kaisetu/index-hw.html
労働統計に用いる比率及び用語の解説http://www.mhlw.go.jp/toukei/kaisetu/index-l.html

文字通り、比率と用語の説明です労働統計については、厚生労働省の統計以外の統計についても説明していて、とても便利です。
用語の意味を理解したい、用語解説をしなければならない報道関係者にお勧めです。

総務省統計局ホームページ
http://www.stat.go.jp/

労働力調査、就業構造基本統計調査、国勢調査などが読めます。

日本銀行
http://www.boj.or.jp/stat/stat_f.htm

短観の中に雇用人員の過不足判断があります。データのダウンロードがしやすいHPです。
(2006年2月4日追加)

統計関連インターネットサイトリンク
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/tokeidb-links.html

国内の官庁、公的機関、外国政府、ILO、WHOなど国際機関の統計へのリンクです。

今後、拡充できれば、拡充する予定です。

人気blogランキングでは「社会科学」の18位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
労働・社会統計の入り口 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる