労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS リフレ政策の検討 その8

<<   作成日時 : 2006/04/09 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

リフレ政策の検討 その7」に、rascalさんからコメントをいただいていたのですが、うまく考えがまとまらず、お返事ができませんでした。まだ、まとまっていないのですが、少し、とりとめのない話を。

「経済学」を論ずる場合と「経済政策」を論ずる場合との関係です。

経済学のモデルには、様々なバリエーションがあります。その中で現実の政策課題を取り扱いうるモデルを使って、経済政策を検討するというのが、基本だと思います。

短期の政策課題に取り組むのであれば、短期のモデルを使うべきでしょうし、長期の問題、たとえば経済成長を高める方策を検討するのであれば長期のモデルを使うべきです。

現在非自発的な失業があると考え、その解決策を議論したいのであれば、常に労働市場が均衡していることを前提として作られたモデルを選んではいけません。動学的均衡モデルで非自発的な失業問題を扱うのは、無理でしょう。

デフレのような貨幣的な現象に取り組むなら、貨幣を含まないような実物モデルを使うのは妥当ではありません。また、需給ギャップがないことを前提とするモデルも多分使えないでしょう。

また、現在、合理的期待形成を前提とするモデルを使っての分析が主流です。しかし、本当に合理的期待形成が行われているかどうかは、理論の問題ではなく、実証の問題です。現実に合理的な期待形成が行われているかどうか、今後行われるかどうかを検討する必要があるでしょう。

脇道にそれますが、私は、合理的期待形成を行う人間像はどんなものであるかを、うまく説明した教科書がほしいと思っています。あるいはある個人が合理的期待形成を行うためのコストの分析、寿命が限られた人間が合理的期待形成に到達できるのか、そういった点もわかりやすく説明した教科書があるといいと思います。私の目から見ると、「経済主体は合理的期待形成を行う」というのは定理であるように感じられます。この定理の基になっている公理系を明示してほしいということです。

元に戻って、ミクロ的な基礎を持つ適切な理論モデルがないときは、たとえアドホックな議論と言われようが、集計量に関する経験則で作ったモデルで政策を検討するのもやむを得ないと思います。

現実に有効な政策を作るためには、モデル選択についてのある種のセンスが必要な気がします。

やけになって浪費に走っている人間と割引率の非常に高い合理的な人間を区別することは、理論の問題ではなくセンスの問題ですから。

人気blogランキングでは「社会科学」の36位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リフレ政策の検討 その9
「リフレ政策の検討 その8」にrascalさんから幾つかコメントを頂きましたので、お返事を。前回のものに考え方、表現ともに熟していない部分があったので、その説明を兼ねます。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/04/12 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
平家さんの主張の論点が必ずしもよく見えていないのですが、「本当に合理的期待形成が行われているかどうか」が解らないということは、前回の議論に立脚していえば「日銀が今の時点で長期国債を買い始めたとき、民間の主体は将来物価が上がり始めると予想するかどうか」はわからない、ゆえに、量的緩和政策による時間軸効果が、例えば、将来の消費よりも現在の消費を選好させるかどうかは何ともいえず、一般物価の上昇に繋がるかどうかも解らない。つまりは、「経済政策」的には、合理的期待形成を基礎におく理論モデルに基づく議論には意味がない、と主張されているように読めてしまいます。また、貨幣を含む実物景気循環モデルがないことをもって、こうしたモデルによって金融政策は語れない、というのはちょっと挑戦的「すぎ」な様に思われます。(例のザモデル論議と重なる議論ではありますが。)
rascal
2006/04/11 01:24
なお、量的緩和政策に反対する「リフレ派」の主張は、理論モデルにベースを起きつつも、現実を表現するデータは必ずしも需給の逼迫が一般物価を引き上げる状況にはなく(※)、失業率も自然率には至っていないとの見極めからの主張であり、必ずしもモデル・フェチ的な視点だけでものをいっているようには思えないです。(私的には、むしろ「リフレ派」に対する立場の方に、そのようなところが感じられます。)
※前回の議論では、消費者物価の下落(当時)に対して、企業物価は上昇しているということが論点となっていたと思います。ただし、需要段階別にみて最終財の上昇幅に力強さが感じられないことは、最終的な消費のレベルでは未だ需給は緩和的であることを示しているようにもみえます。ただし、昨今の原油高、それ以上に春闘賃上げの動向は、一般物価に与える影響として要注目な気はしています。
rascal
2006/04/11 01:25
rascalさん、コメントありがとうございました。
お返事を記事にしましたので、ご覧下さい。
平家
2006/04/12 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リフレ政策の検討 その8 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる