労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年1−3月国内総生産速報 その4

<<   作成日時 : 2006/06/01 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2006年1−3月国内総生産速報 その3」の続きです。

では、購買力、つまり今後の支出を決めるものを示す国内総所得(GNI)と国内総生産(GNP)の動きを実質で見るとどうなっているか。前期比で見ると不安定なので、前年同期比で見ています。

<caption align="center"国内総所得(GNI)と国内総生産(GNP)(10億円、%)</caption>
年・期国内総生産(GNP)国内総所得(GNI)
2005年T期130,686129,389
2005年U期132,390130,439
2005年V期134,693132,321
2005年W期140,595137,716
2006年T期134,730131,568
2005年T期
2005年U期2.6%1.9%
2005年V期2.8%1.9%
2005年W期3.7%2.5%
2006年T期3.1%1.7%


この表を見ていただくと、GDP成長率に比べて、GDI成長率が低いことがわかります。特に、その差は期を追って拡大してきています。2006年四期には1.4ポイントにまで大きくなっています。

これがどういうことを経済にもたらすかと言えば、まず、輸入の拡大をまかなうための輸出の拡大です。次に、生産したものの内、より大きな部分を輸出に回さなければならないのですから、国内需要の相対的な削減です。

雇用は実質GDPの増加に伴って増加しますが、実質国内需要を抑えるために実質消費の拡大は抑制されます。実質投資が伸びる割に、実質消費が拡大しないという結果になるかもしれません。

人気blogランキングでは「社会科学」の31位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006年1−3月国内総生産速報 その4 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる