労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「発達障害」は別のもの

<<   作成日時 : 2006/08/30 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

発達障害」について、どうも気になるので、少し調べてみました。結果報告です。

まず、発達障害者の対策の基本になっている法律がこれです。

発達障害者支援法

発達障害者専用の法律です。ニート対策とは全く関係のない作りになっています。また、発達障害者支援センターという専用施設を都道府県、大都市に作ることを次のように想定しています。

第十四条 都道府県知事は、次に掲げる業務を、社会福祉法人その他の政令で定める法人であって当該業務を適正かつ確実に行うことができると認めて指定した者(以下「発達障害者支援センター」という。)に行わせ、又は自ら行うことができる。
一 発達障害の早期発見、早期の発達支援等に資するよう、発達障害者及びその家族に対し、専門的に、その相談に応じ、又は助言を行うこと。
二 発達障害者に対し、専門的な発達支援及び就労の支援を行うこと。
三 医療、保健、福祉、教育等に関する業務(次号において「医療等の業務」という。)を行う関係機関及び民間団体並びにこれに従事する者に対し発達障害についての情報提供及び研修を行うこと。
四 発達障害に関して、医療等の業務を行う関係機関及び民間団体との連絡調整を行うこと。
五 前各号に掲げる業務に附帯する業務


このセンターは、実際動き出していて、こんな具合です。
発達障害者支援センター一覧
この一覧表は少し前のものです。もっと新しくできたものがあるかもしれません。

このセンターの指定を受けているのは、これまで障害者か発達障害者の問題に取り組んできた団体のようです。理論的には若者対策もやっているところが指定を受けることがあるかもしれませんが、そのような事実は確認できませんでした。

厚生労働省のHPを少し見てみましたが、組織としても施策としても、少子化対策と障害者対策は明確に区分されています。

これらを見ると、「ニート」あるいは「少子化」に引っかけて予算をとろうとか、「若者」向けの施策を発達障害者にも使おうとか、そういう発想は窺えません。

結局、単純に、本来、発達障害者用の施設やサービスを利用すべき発達障害を持つ若者が、「若者」である方に着目されて、「若者」用の施設へ行っている、それが効果を上げないし、かえって二次障害を発生させかねない、だから、発達障害の方へ行くようにしよう、というだけのことのように思われます。

若者支援をされている方は、これを機会に少し発達障害を認識していただき、支援している若者が、ひょっとしたら発達障害があるのかもしれないと思われたら、発達障害者支援センターと相談されるといいと思います。


なお、法律の条文ではこうなっています。

第八条 国及び地方公共団体は、発達障害児(十八歳以上の発達障害者であって高等学校、中等教育学校、盲学校、聾ろう学校及び養護学校に在学する者を含む。)がその障害の状態に応じ、十分な教育を受けられるようにするため、適切な教育的支援、支援体制の整備その他必要な措置を講じるものとする。
2 大学及び高等専門学校は、発達障害者の障害の状態に応じ、適切な教育上の配慮をするものとする。

飯田先生(http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20060824)を始め大学の先生方、発達障害になじんでいただくようよろしくお願いします。

人気blogランキングでは「社会科学」の24位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「発達障害」に予算は付くか?
「「発達障害」は別のもの」にhamachanさんと飯田先生からコメントをいただきました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/09/01 20:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
厚生労働省の予算要求では、「第5 新たなチャレンジを目指す若者等への支援」と「第8 障害者の自立支援の推進、生活保護制度の適正な実施」という項目の中に、「発達障害者の就労支援の推進」という項目が挙がっています。もっとも、どちらも障害者の就労支援という文脈であって、ニート対策という位置づけではありません。当然ですが。
読売の記事のネタになったのは、おそらく「若年コミュニケーション能力要支援者就職プログラム」という奴でしょう。「ハローワークにおいて、発達障害等の要因によりコミュニケーション能力に困難を抱えている求職者について、その希望や特性に応じた専門支援機関に誘導するとともに、障害者向け専門支援を希望しない者については、きめ細かい就職支援を実施する」というものです。
「若年」という限定と、「発達障害等」の「等」がついてることから(こういうのに目が食らい付くのは小役人の習性ですが)、若干広がりがあるようでもありますが。
hamachan
2006/08/31 16:10
ありがとうございます.発達「障害」という字面から知的障害か精神障害の下位カテゴリーのように受け止めてしまっていました.実際,発達障害かもしれないが発達障害者支援施設には行かない人が多いのも,そんなかんじのイメージが強いからではないかと思います.

余談ですが,学生時代,友人で些事にしばしば強く思い悩み,また特定の人に嫌われていると勘違いする事の多い友人がいました……で,学生課などが無料でやっているカウンセリングを受ける事を進めたところ「俺を基地外扱いするのか!」と激怒されたことがあります.もう10年以上前の話ですが現在もこういうイメージへの残滓は(僕の中にも)少なくないような気がします.

>「若年」という限定と、「発達障害等」の「等」が
>ついてることから(こういうのに目が食らい付くのは
僕もそこに目がいってしまいます.
飯田
2006/09/01 17:50
hamachanさん、飯田先生、コメントありがとうございます。
この記事にTBを付けましたので、お暇なときにお読み下さい。
平家
2006/09/01 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「発達障害」は別のもの 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる