労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 稼ぎに追いつく貧乏なし

<<   作成日時 : 2006/08/31 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

借金して学校を出してくれた親を子供はどう思うだろうか?

8月24日の読売新聞に杉山美邦経済部長が書かれた「財政再建もう待てない」という記事を読んだ感想です。記事はこんな風に始まっています。

「 自民党総裁選の候補に背負って欲しいものがある。
 東京タワー(東京・港区)内の「感動する経済館」にある債務リュックだ。現在、20分間で国と地方の債務は約1億8600万円も増えている。それを1万円札に換算した18.6キロがリュックの重さだ。
 夏休み中の子供たちが背負い、「重い」とよろめいていた。大変なツケを子孫に残してしまった。」

この後少しデータなどの紹介があり、こう続きます。

「民間企業は、債務、設備、人員という三つの過剰を血のにじむような自助努力で削減してきた。今度は政治に、立て直しへの不退転の決意が求められる。」

子孫には借金を残さなければそれでいいというものではありません。

「人員という(三つの)過剰を血のにじむような自助努力で削減」した結果、膨大な失業者と不安定就労層も生み出しました。特に若い層は、就職難で苦しみ、不安定な就労をしたりした人が大勢います。そして十分な職業能力を身につけられなかった、あるいはそういう見通しを失ってしまった人も大勢います。

彼らからすれば、多少返すべき借金が増えても、職業能力を身につけることができた方がよかったのかもしれません。借金を残さないでくれ、と思う若者もいるでしょう。特に、所得の多い人がそう思うのは当然です。しかし、働く場を確保してもらえば借金は私が働いて返すから、そう思う人もいるはずです。

借金をしてでもこどもを学校へ行かせる親か、借金せずに子供を学校へ行かせず、社会の底辺に沈める親か、どちらがいいのでしょう。

国の借金の重みはリュックで示せます。総裁選の候補者がリュックを担いでみるのもいいでしょう。底辺の苦しみを他のもので示す方法はありません。そういうものは目に見えないのです。

そういうものにも、候補者の方々には、見えないものを見る努力をお願いしたいと思います。

人気blogランキングでは「社会科学」の23位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。私のHNは本田由紀助教授その他で、見覚えもひょっとしたらあろうかと思います。よろしくお願いいたします。

しかし、このエントリはどういう狙いで書かれたものでしょうか。
タイトルから類推するとおり「低所得家庭は高額の借金(恐らく日本学生支援機構の自称奨学金か、民間の教育ローンでしょうか)を負ってでも大学などの高等教育機関に進学し、その学歴をもってその階級上昇手段とすればよい」というお考えであるとしたら、高等教育は常に中等教育のそれよりも大きな確率で失敗の危険性があること、直接借金を帳消しにできるほどの経済力をつけられる就職が望める教育機関は大きく減少していること、奨学金という名の借金の怖さをあまりにも軽く考えているように思われること、この3点で大きな問題があるのではないでしょうか。

お返事の如何によっては、当方のブログにて批判させていただきます。
Lenazo
2006/09/03 16:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
稼ぎに追いつく貧乏なし 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる