労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護労働者の立ち去り

<<   作成日時 : 2006/09/26 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

介護保険は、強制適用される社会保険です。保険料を徴収した以上、給付はしなければなりません。

ホームヘルパーの不足が深刻化しているそうですが、おそらく同時に介護施設の非正規職員も不足し始めているはずです。労働市場の構造から言えば、それほど雇用保障がなく、勤続に伴う昇級もない、時間比例の給与のシステムで成り立っているという点では共通ですから。

このような市場は流動性が高く、労働市場がタイトになれば市場賃金は簡単に上昇します。(逆に緩めば下がります)その時、賃金を引き上げなければ、労働者が立ち去っていくのは当たり前です。公務員のように労働者が安定した雇用、勤続に伴う賃金の上昇を期待できるケースとは違います。

即戦力が足りないってさ」のコメント欄で指摘されているように、この問題は介護業者の企業努力で解決できるようなものではありません。

したがって、国が給付の約束を守るためには、保険料を引き上げるか、保険料の賦課ベースを広げるか、国庫負担を増やすか、自己負担を増やすしかありません。(もう一つ低賃金の外国人労働者を入れるという手がありますが、そのような労働者は、入国してしばらく経てば、賃金の高い別な産業に移動してしまうでしょう。)このメカニズムは、「介護職員 その5」、「介護職員 その6」で、説明しました。

自己負担の引き上げは、利用の手控えを生み出します。その意味では需要超過を解消するのに有効です。しかし、それは貧しい高齢者が介護サービスを受けられないという事態も引き起こします。自己負担の引き上げには限度があれば、結局は、保険料率を引き上げるか、保険料の賦課ベースを広げるか、国庫負担を増やさざるを得ません。

しかし、これには国民の反対が多く、政治家は踏み切れないのではないでしょうか。もしそうなら、当面は政治家によって自己負担引き上げの道が選ばれ、貧しい高齢者は必要なサービスを受けられなくなるというコースで進むことになるでしょう。家族介護に若干の現金給付を行うことになるかもしれません。

介護は家族にとっても大きな負担です。それを、他人に委ねる以上、現場でサービスを提供する労働者には相応の賃金を払わねばならず、そのためにはある程度の負担をしなければならないと、国民が思わない限り、この制度はうまくいかないでしょう。

介護制度ががたがたになり、家族による介護も持たないといった状況にならない限り、国民がそういう風に思う日は、かなり先ではないかと思います。

人気blogランキングでは「社会科学」の30位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
 nami社会保障通信更新情報
nami社会保障通信で、2006年版厚生労働白書を読む(4)−生活保護制度改革をアップしました。 平家さんのコメント欄で、中途半端に介護保険制度の情報を出したりしているのですが、介護保険制度の解説は医療制度の後にやる予定。 検索からのアクセスを見ていると、今年度の ...続きを見る
namiメモ
2006/09/29 01:03
介護労働者の立ち去り その2
皆さんから「介護労働者の立ち去り」にコメントをいただきました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2006/09/30 19:15
高等学校における養成
高等学校の中には、ホームヘルパー資格の取得を目指した講座を開設し、専門的に教育を行う学校以外でも、普通科において3級あるいは2級の取得を目標とした科目を設定している所があります。但し、社会におけるニーズとして2級以上を求める中、時間数の事情から3級で妥協している場合もあり、このような学校においては、3級取得で目的が達成された「学校の特色を具現化した」として歓迎される風潮があり、現場との認識の格差が生じています。 ...続きを見る
ホームヘルパーになるには
2006/11/04 01:14
介護事業
経済評論家の山崎元さんが、「介護の値段はどうなっているのだろうか?」で、次のような問題提起をされています。 ...続きを見る
労働、社会問題
2007/07/14 17:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
相続税を増税して国庫支出を増やせばいいのではないでしょうか。現在、年間100兆円の相続があり、相続税収は2兆円です。実効税率は2%しかない。これをせめて5%にする程度は大した問題ではないし、経済格差の固定化も防げます。所得や資産の格差は、一代限りならともかく、それが子に相続されるようだと、本人の自助努力の余地が少なくなり、社会から活力がなくなります。
Inoue
2006/09/27 14:23
豊かな層からの徴収を増やすという方向で、Inoueさんの案はある程度受け入れられる案のようにも思いますが…どうなんでしょう。貧しい層がどんどんおいていかれる現状というのは、本当に社会不安を引き起こしかねないと思っています。
シーラカンス
2006/09/27 19:54
贈与税(相続税)を増やすよりは、
資産税を増やすほうがいいような…
ふま
2006/09/27 21:25
不足しているのは、ホームヘルパーではなく介護福祉士だと思います。日経はいつもこういう脇の甘い記事を書くんですよねw
労務屋さんのコメント欄にコメントするタイミングを失ったので、こっちでコメントします。
2004年7月の社保審介護保険部会で、介護保険制度の見直しに関する意見の中で、介護サービスを支える人材の資質の確保・向上のために将来的には、任用資格は「介護福祉士を基本とすべき」という方向性が出されているからです。
現状ですが、2004年10月で介護職員に占める介護福祉士の割合は施設で4割、在宅サービスで2割弱です。
ソースはこちら↓
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/07/s0705-6.html
nami
2006/09/28 00:15
皆さんコメントありがとうございました。「その2」もお読みください。
平家
2006/09/30 19:17
>「即戦力が足りないってさ」のコメント欄で指摘されているように、この問題は介護業者の企業努力で解決できるようなものではありません。
そんなことはないと思います。措置制度のころより遥かに膨大な利益を上げています。経営者の運営能力の無さと狭量、人材派遣業者と変わらぬ搾取のせいで、いつでも人材不足に陥っているのだと思います。
介護職に未来なしw
2007/08/26 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護労働者の立ち去り 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる