労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 均衡予算乗数のまとめの二歩手前 その2

<<   作成日時 : 2006/12/25 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

均衡予算乗数のまとめの二歩手前 その1」を書いてから、一つ、仮定を置き忘れていることに気がつきました。

10 政府サービスの提供は、消費者を始め民間主体の行動に影響を及ぼさない。

例えば、非常に治安の悪い状態を考えてください。昼間でも道を歩けば強盗に襲われる可能性が高いとします。危なくて買い物にも行けません。人々は家に閉じこもっています。このとき所得があっても消費は最低水準にとどまります。

ついに国民は増税してもいいから治安を回復しろと政府に要求し、これを受けて政府は増税し、その資金で警官を大勢雇い、一挙に治安を回復したとします。

最初の段階では人々の可処分所得は変わりませんが、消費は活発化します。するとGDE,GDP,GDIは増加します。均衡予算乗数は1を超えます。そしてその結果として、国内総可処分所得も増加します。

(このような支出は、非常に賢明な支出です。)

同じような例はいくらでも考えられます。企業の行動も含め。

人気blogランキングでは「社会科学」の27位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
均衡予算乗数のまとめの二歩手前 その2 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる