労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 技術進歩の中立性

<<   作成日時 : 2007/05/12 17:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

生産関数Y(t)=F{K(t)、L(t)}を考えます。

ここで、Yは産出、Kは資本、Lは労働投入です。tは時点を表します。

このままですと時間が経って、資本が増えたり、労働が増えたりすれば産出は増えますが、資本や労働に変化がなければ、産出は増加しません。

技術進歩というものを抽象的に考えると、資本や労働の量が増えなくても、産出が増えることといえます。

この技術進歩を示すために時間とともに変化するA(t)という要素を考えます。
A(t)を足し算で考えることもできるのですが、一般的にはかけ算の要素として使います。上の生産関数ですと、三つの選択肢があります。

1 Fに掛ける。
技術進歩を明示的に取り込んだ生産関数はこうなります。
Y(t)=A(t)・F{K(t)、L(t)}
この場合、資本、労働投入が同じであれば、産出はA(t)の増加に比例して増加していきます。
このような形の技術進歩をヒックス中立的な技術進歩と呼びます。

2 L(t)に掛ける。
技術進歩を明示的に取り込んだ生産関数はこうなります。
Y(t)=F{K(t)、A(t)・L(t)}
この場合、A(t)の増加に連れて、労働投入が同じであっても、労働が増えたのと同じように産出は増加していきます。別な表現をすると、生産に必要な労働投入を節約していくことができます。労働節約型の技術進歩です。

このような形の技術進歩をハロッド中立的な技術進歩と呼びます。

なお、このA(t)・L(t)を効率労働(effective labour)と呼びます。

3 K(t)に掛ける。
技術進歩を明示的に取り込んだ生産関数はこうなります。
Y(t)=F{A(t)・K(t)、L(t)}
この場合、A(t)の増加に連れて、資本が同じであっても、資本が増えたのと同じように産出は増加していきます。別な表現をすると、生産に必要な資本を節約していくことができます。資本節約型の技術進歩です。
これには特に名前が付けられていません。

人気blogランキングでは「社会科学」の25位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソローモデルでの定常状態:均斉成長
ソローモデルでの定常状態は次の表のように要約できます。 ...続きを見る
労働、社会問題
2007/05/12 19:45
結合生産物としての若手研究者
大竹先生が「人件費は研究費でないのか?」と事業仕訳での若手研究者の人件費の扱いを批判をされている。 ...続きを見る
労働、社会問題
2010/01/23 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
技術進歩の中立性 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる