労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 終わりよければすべてよし・・・とは行かないけれど その2

<<   作成日時 : 2007/06/13 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、晩婚化が進むにつれて、出産の時期も遅れてきました。

男女の平均初婚年齢と第一子出産時の女性の平均年齢(歳)
男性初婚女性初婚年齢第一子出産年齢
1965年25.7
1975年25.7
1985年26.7
1991年28.425.9
1995年27.5
1996年28.526.4
2001年29.027.2
2003年28.6
2004年29.627.828.91.1
2005年29.828.029.11.1
2006年30.028.229.21.0


この場合には「終わりよければすべてよし・・・とは行かないけれど」で説明した期間合計特殊出生率は低下していきます。ここで問題なのは、では、遅らせはしたけれど、最後には生むのか、それとも、遅れてしまったからもう生まないのかです。産めるぎりぎりの年齢になったら産むということであれば、ある時期がくれば期間合計特殊出生率は回復します。しかし、そうではなく、出産時期が遅くなったからもう産まない、産めないということであれば、低下したままになります。

これまで、期間合計特殊出生率の今後の動きについて二つの見方がありました。一つは、悲観論で、出産そのものが減ってしまったので期間合計特殊出生率は下がったままになる、こういう見方です。もう一つの見方は楽観論です。夫婦が子供を望まなくなったわけではないし、出産時期の先延ばしには限界があるので、いずれは産み出す、そして、合計特殊出生率はある程度回復するだろうと見るものです。

実は、夫婦になってから15年から19年たったときの子供の数は1970年代から2000年ぐらいまで2.2人程度で安定していました。2.1人を割ったのは2005年になってからです。これを根拠に「いずれ回復論」がかなり有力でした。

結婚持続期間15年から19年の夫婦の平均出生児数(人)
出生児数
1972年2.20
1977年2.19
1982年2.23
1987年2.19
1992年2.21
1997年2.21
2002年2.23
2005年2.09


悲観シナリオの根拠は二つあります。一つは、晩婚化ではなく生涯未婚の男女が増える。→夫婦が減る。→夫婦の持つ子供の数が不変でも子供が減る。二つは、夫婦が最終的に持つ子供の数も減る。これは2005年の数字が根拠です。このダブルパンチで子供が減るのです。この2005年の数字が一時的なものなのか、このまま続くのか、大きな問題です。

今回の回復については、一時的なものであるという見方が多いようですが、四つの理解があり得ます。
1 偶然、出産が増えたのだ。
2 景気が回復し生活のめどがついてきたので、出産が増えたのだ。
3 産む時期の先延ばしが限界に来たので、出産が増えたのだ。
4 女性の出産に対する気持ちが変わったから、出産が増えたのだ。

私は1では3万人もの増加は説明できないだろうと思います。

2は十分にあり得ます。というのは今回20歳から44歳までの女性の期間合計特殊出生率がすべて上昇しているからです。ここのところ20歳から29歳の期間合計特殊出生率は低下傾向にあったのが反転したのは、景気回復の影響もあったと考えられます。

3も正しいのではないかと思っています。35から39歳の女性の期間合計特殊出生率が、前年に比べ0.0125ポイントも上がっています。40から44歳の上がり方も0.0044ポイントと大きいです。元が0.0242ポイントですから、18%の増加です。
実は、不妊治療の情報がオープンに出回るようになり、多くの30代の女性が、いつでも子供を産もうと思えば産めるわけではないと言うことに気づいたせいだということかもしれないと思います。

4は、よくわかりません。女性の生き方に単一のモデルがあった時代は終わっています。時代の風というものがあるのは事実なので、この説を否定することはできません。しかし、確たる証拠もありません。

生涯未婚の男女が増えるのか?
夫婦の持つ子供が減るのか?次回の出生動向基礎調査の結果が楽しみです。

人気blogランキングでは「社会科学」の42位でした。↓ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>今回の回復については、一時的なものであるという見方が多いようですが、四つの理解があり得ます。

今回の合計特殊出生率ですが、出生数と関係するデータとしては前年の婚姻数があります。景気が回復してきたことと団塊世代の退職が始まったことにより、20代男女(特に男)の雇用状態や生活がかなり落ち着いてきて、婚姻数が増えたことが大きな要因ではないかと思います。同様に、結婚後、生活が安定しないために出産をためらっていた夫婦も、生活が安定することにより出産意欲が高まったと見て良いのでないかと思います。

以前にも書きましたが、日本は婚外子が少ないので、結婚の形態やその変化を詳しく調べる事で、出生数や合計特殊出生率の予測はある程度は可能だと思います。
nami
2007/06/14 10:03
namiさん、コメントありがとうございます。短期的な予測なら、婚姻件数から分かると思います。最初の表にあるように女性の初婚年齢と第1子の出産年齢の間には平均すると1年のずれがあります。つまり結婚して1年程度で子供を産むのが平均的な姿です。あくまで平均です。ただ、長期的な予測となると、結婚、出産を決めているものは何かということを調べなければならないでしょう。
平家
2007/06/15 07:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
終わりよければすべてよし・・・とは行かないけれど その2 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる