労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 原油価格上昇

<<   作成日時 : 2007/11/23 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

原油価格上昇?」の続きです。10月は状況が大きく変わりました。



10月の貿易統計から「原油及び粗油」の輸入量、輸入価額を取り、1リットル当たりの単価を計算してみました。結果は次のようになりました。

「原油及び粗油」の輸入価格(1リットルあたり円)
価格(円)上昇率(%)
1月45.310.0
2月41.9−6.7
3月42.5−5.8
4月45.2−0.2
5月49.43.9
6月51.67.4
7月53.78.8
8月54.13.3
9月51.5−2.8
10月55.516.1


10月では価格は前年同月に比べ16.1%の大幅な値上がりです。

「原油及び粗油」の輸入(百万円、%)
輸入額増加額増加率
2005年8,823,323
2006年11,535,0822,711,70530.7
2007年
2006年1−10月9,712,815
2007年1−10月9,658,594−54,221−0.6%


ついでですが、輸入量は17年1−10月の204,976千キロリットルから、3.8%減って197,294千キロリットルになっています。単価は47.4円から49.0円へ1.6円、3.4%の上昇です。

11月は、円高が進んでいることを考えると、ドル建て価格の上昇も一部はキャンセルされるはずです。2桁の上昇は免れるのではないでしょうか?

世界経済への影響ということで考えると、所得移転によって所得を獲得した人が誰か(基本的には産油国、原油生産者です。)、その人がその所得をどう使うか?も問題です。

人気blogランキングでは「社会科学」の29位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
輸入原材料価格の高騰にどう対応すべきか?
「原油価格上昇」で紹介したような輸入財価格の高騰が続いています。これにどう対応すべきなのか、歴史を振り返って考えてみました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2008/02/16 15:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原油価格上昇 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる