労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪府には未来がある。

<<   作成日時 : 2008/07/13 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

高学歴の女性はどこに住んでいるか?近畿編」で、大阪府が近畿トップとはなっていないことを書きましたが、日本で2位を維持している項目があります。しかも、東京都との差を縮めつつあります。

それは、


住んでいる乳幼児の数


です。0歳から4歳までで調べてみました。国勢調査からです。


0歳から4歳の子どもの数(人)
1980年1990年2000年
東京都715,230521,605467,014
大阪府612,532446,891428,610
神奈川県517,278406,908404,339


東京都との差は10万人から4万人まで小さくなってきています。子どもは将来の希望です。

がんばれ大阪!

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では3位でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地域間格差
「大阪府には未来がある。」の続きです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2008/07/21 11:31
東京には水がない。
「大阪府には未来がある。」のですが、大阪府には水もあります。琵琶湖があり、宇治川、淀川と続いていますから、最終的には何とかなります。 ...続きを見る
労働、社会問題
2008/08/10 19:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜確かに。がんばれ大阪〜〜〜

とか言いましても、実のところ大阪も合計特殊出生率は確か非常に低かったような気が…。これは東京のあまりの低さで、差がどんどん狭まってきているのでは…。
シーラカンス
2008/07/15 22:33
シーラカンスさん、いろいろ、ありがとうございます。都市部はどうしても合計特殊出生率が下がりがちです。おや、神奈川県も差をつめてきていますね。(←イランコトイイ)
平家
2008/07/16 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪府には未来がある。 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる