労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 基軸通貨国によるゼロ金利強制

<<   作成日時 : 2008/12/28 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

基軸通貨国、現在でいえばアメリカ、がゼロ金利を実施したら、他の国に何が起こるかを考えて見ます。

大前提として非基軸通貨国は、資本移動をコントロールするための為替取引規制を行っていないものとします。

まず、円のレートと金利の関係を整理しておきます。
以下、数値例で考えますので、いくつか仮定を置きます。

ケース1

仮定1
1年後のドルと円の直物の予想レートは1ドル=90円であると仮定します。
仮定2
ドル金利は20%とします。

この条件でドルで資金を運用すると、1ドルは1年後に1.2ドルとなります。この時点でドルを円に変えれば、1.2ドル×90円=108円が得られると予想されます。
現在のドルの直物レートが100円であり、円の金利が8%であれば、資金運用目的でのドル売り・円買いは発生しません。
こんな理由からです。今、1ドルを100円に替え、8%で運用すると1年後には108円です。ドルのまま1年間運用して、それから両替しても108円。結果は同じです。あえて今ドルを円に替える必要はありません。

さて、こういうことであれば、もし、現在のレートを100円にしたければ円の金利を8%にすればいいということを意味しています。金利を操作することにより、現在の直物レートを自分の望む水準にすることができるのです。

資源価格の高騰の影響を遮断するため、円のレートを引き上げたいと考えたとします。この場合、金利を引き上げればいいのです。金利を12%に引き上げたとします。すると今ドルを1ドル=100円のレートで交換して、その100円を円金利で運用すると112円になります。ドルのままドル金利で運用して、1年後、1ドル=90円で換金し、108円を手にするよりも、4円得です。みんなドルを売って円を買い始めます。すると円に対する需要が増えるので円のレートは上昇していきます。でも、無限に上がり続けることはありません。円のレートが上昇して、例えば98円になると、12%の円金利で1年運用した場合には、109円76銭になり、ドルで運用した場合の108円との差は1円76銭に減ります。そして96円43銭になると108円になり、差はゼロになります。つまり、12%に金利を引き上げた時には、円レートは1ドル=96円43銭担って安定します。さらにレートを上げたければもっと金利を上げる必要があります。理論的には金利を上げ続ければ、円のレートを無限に上げることができます。実際には超高金利は国内の景気に悪影響を与えるでしょうから、無限には引き上げられませんが。

逆に、輸出促進のために円レートを引き下げたいときにどうすればいいでしょうか?答えは金利の引き下げです。
円金利を4%にすると、1ドルを100円に替え、1年間運用しても104円にしかなりません。それならドルのまま運用し、1年後に交換して108円を手に入れたほうが得です。今ドル売り・円買いをするのは損ですから、誰もそんなことはしません。しかし、今、円をドルに替えて、ドル金利で運用し、1年後円に換えると4円得をします。円売り・ドル買いが始まります。円レートは下がります。この場合もちょうど損得なしのレートが存在します。103円85銭です。もし、さらに円安にしたければ、さらに金利を下げればいいのです。

ここまでは円レートを上げるのと同じ議論が成立します。しかし、大きな差があります。金利操作により無限にレートを下げることはできません。なぜなら、金利にはゼロという下限が存在するからです。ゼロ金利政策を実施しても、レートは108円にまで下がるだけです。これが大きな違いです。

さて、本論に入ります。基軸通貨国がゼロ金利政策を実施したとき、非基軸通貨国には金利を自由に決め、レートを操作する余地があるでしょうか?

ケース2

仮定1
1年後のドルと円の直物の予想レートは1ドル=90円であると仮定します。これは変えません。
仮定2
ドル金利は0%とします。これが大きな違いです。

この条件でドルで資金を運用しても1ドルは1年後にも1ドルのままです。この時点でドルを円に変えれば、1ドル×90円=90円が得られると予想されます。

ケース1と同じように現在のドルの直物レートが100円であり、円の金利が8%であれば、資金運用目的でのドル売り・円買いが発生します。
今、1ドルを100円に替え、8%で運用すると1年後には108円です。ドルのまま1年間運用して、それから両替したら90円。どう考えてもてもドルを円に変えて運用したほうが得です。ドルが売られ円のレートは高くなります。無限に高くなるのではありません。円金利が8%であれば83円33銭で損得なしになります。このように円高にしたいのであれば問題はありません。しかし、円レートをここまで高くしたくないとすれば、円金利を下げる必要があります。4%であれば1ドル86円54銭になります。

問題はいくらでも金利を下げられる訳ではないことです。金利にゼロという下限があるからです。日本もゼロ金利にするとレートはどうなるでしょうか?1ドル=90円です。

もし、レートを90円以下に保ちたいのであれば、日本はゼロ金利を実施するほかありません。金利選択の余地はありません。

アメリカがゼロ金利を実施したときには、日本には円金利をゼロにするか、円高を甘受するかどちらか二つの選択しかできません。円高を甘受できないということであれば、ゼロ金利とするしかありません。日銀が金利を操作する余地はゼロです。アメリカは日本にゼロ金利を強制できるのです。

白川総裁や政策審議委員には給料を払うべきですが、実際に日本の金利を決めるのはバーナンキ議長とFRBのメンバーです。「日本の金利も決めてやっているのだから、俺たちにも給料を払え。当然円で。」とは言ってこないでしょうけれども。

この金利と円レートが、心地よいものではないとしたらどうすればいいでしょうか。「為替相場での介入。ドル買い支え」と答える方もいるかもしれません。しかし、予想レートが変わらないのであれば、無限にドル売りが出てきます。こういう事情があるからです。「実際問題として、無限のドル買い・円売りは不可能だ。すると、ドルを売り浴びせればいつかはドル防衛ができなくなる。ドル防衛が崩れた瞬間に円は一気に切り上がる。そこでドルを買えば収益率は著しく高い。」と判断して投機を始める人がいるからです。

それでも何とかしたければどうすればいいのでしょう?答えは、ただ一つ。1年後の予想レートを変えるのです。もし、予想レートが1ドル=90円から、1ドル100円に変わればドル金利、円金利ともにゼロのとき、円の直物レートは90円ではなく100円になります。

では、どうやって予想レートを変えればいいのでしょうか?それは、「これまでと条件が変わらなくても、1年後の日本の輸入が増え、日本の貿易収支・経常収支が悪化する」という予想を形成することです。そのためには、持続的に輸入を増やす決意を行動で示す必要があります。そのために有効なのが、政府による原油の輸入とと備蓄です原油に限らず、希少金属でもかまいません。このような輸入には上限がありません。金利の低いので負担もたいしたことはありません。資源小国の日本がいざという場合に備えて、資源を備蓄するのは合理的な行動なので、日本がいつかそれを止めるだろうとは予測しにくいのです。

これが、「原油価格前年同月比2割値下がり。原油を買おう。」で原油の輸入・備蓄のほうが「為替市場での介入より効果的です。」と書いた理由です。 

人気blogランキングでは「社会科学」の39位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海外のプロジェクトに資金を出そう。
今回の世界同時不況は、ただの不況ではありません。極めてシャープに生産(Production)、所得(Income)、雇用(Employment)が落ち込んでいます。日本の鉱工業生産についてはドクター矢野が「正直に言って、鉱工業生産指数がこのように急激に落ち込むのは近年では見たことがありません。12月26日に発表されたのはあくまでも速報値ですから、今後修正される可能性がありますので、その点は注意が必要ですが、修正されたとしても記録的な低下が起こったと言えそうです。」と述べてられます。基軸通貨... ...続きを見る
労働、社会問題
2009/01/01 18:26
「基軸通貨国によるゼロ金利強制」について
「基軸通貨国によるゼロ金利強制」というエントリーを4年前に書きました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2013/05/22 08:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
基軸通貨国によるゼロ金利強制 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる