労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米株価指数比較 2008年

<<   作成日時 : 2009/01/05 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカの代表的な株価指数であるダウジョーンズ工業30種と日経225を比べてみると、金融危機の震源地であるアメリカのほうが株価の下落率が小さいという不思議な結果が出ます。

これは数字のマジックです。円がドルに対して切上がっていますから、日経225をドル建てに直すと、29.5%の下落で、ダウジョーンズ工業30種の下落率33.8%よりも小幅です。

さらによりカバー率の高いアメリカの指数であるS&P500の下落率は38.5%です。

これを見ると2007年末にドルで同じ額の資金をアメリカ株式に投じた場合よりも日本の株式に投じた方が収益率が高かったということになります。

日米株価指数
指数2008年末2007年末上昇率(%)
ダウ工業30種8,776.3913,264.826△33.8
日経2258,859.5615,545.07△43.0
ドルレート90.76112.3411.5
ドル建て日経22597.62138.38△29.5
S&P500903.251,468.36△38.5


ただ、2007年末に円に換えてそのまま持ち、2008年末にドルに戻すのが一番収益率がよかったのですが・・・。

人気blogランキングでは「社会科学」の24位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米株価指数比較 2008年 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる