労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 原油が値上がりしたとはいえ

<<   作成日時 : 2009/06/28 11:10   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

やっぱり原油を買おう。」から、3ヶ月飛ばしてしまいました。

2009年5月の貿易統計が公表されました。5月は対前年同月比54.5%の値下がりです。
30円台に乗せたとはいえ、昨年の半値以下です。

「原油及び粗油」の輸入価格(1リットルあたり円)」
価格(円)上昇率(%)
2007年1月45.310.0
2月41.9−6.7
3月42.5−5.8
4月45.2−0.2
5月49.43.9
6月51.67.4
7月53.78.8
8月54.13.3
9月51.5−2.8
10月55.516.1
11月58.130.6
12月62.946.5
2008年1月63.339.6
2月62.449.0
3月62.747.5
4月63.941.3
5月70.542.8
6月80.656.1
7月88.665.1
8月92.070.1
9月82.259.8
10月67.020.7
11月45.4△21.9
12月32.4△48.5
2009年1月24.7△61.1
2月25.6△59.0
3月26.9△57.1
4月29.5△53.9
5月32.1△54.5


1月から5月までをとってみると、今年(2009年)の輸入量は89,723千キロリットルです。前年の同じ期間には104,377千キロリットル輸入していましたから、14%の減少です。
金額でみると、2兆4,737億円です。前年は6兆7,220億円でしたから、63.2%の減少です。
金額でみた方が減少率が高いのは単価が下がっているからです。64.4円から27.6円に値下がりしています。
仮に、今年も昨年の単価で、輸入していたとしたら、5兆7,782億円かかっていたはずです。3兆3,000億円ほど節約できています。かなり景気を下支えしているはずです。

問題は、輸出国側への影響です。値下がりした上に輸出量まで減ってしまい、ダブルパンチです。輸出国の景気の悪化、輸入の減少は、日本の産油国向けの輸出の減少につながりかねません。

世界全体の生産、所得、雇用を増やすためにはいいことではありません。この際、日本がもっと輸入して産油国を潤し、いざという場合に備えて備蓄しておくべきです。


ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では43位でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
少しきな臭い原油市場
2009年6月の貿易統計が公表されました。最近「原油が値上がりしたとはいえ」6月は対前年同月比54.5%の値下がりです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2009/08/07 16:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原油が値上がりしたとはいえ 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる