労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS ねんきん特別便 その10

<<   作成日時 : 2009/12/26 10:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

ねんきん特別便 その9」でかいたねんきん特別便の処理状況の続きです。年内に発表されるのはこれで最後でしょうし、1月からは社会保険庁ではなく、年金機構に移るので、社会保険庁の発表としてもこれが最後なのではないかと思います。

3月までに回答された方の処理状況は、少し変わっています。

ねんきん特別便の「調査中」の件数(万件)
年月日地方庁業務センター合計
21年9月末66169235
21年10月末46123169
21年11月 6日41113154
21年11月13日35100135
21年11月20日2987116
21年11月27日2476100
21年12月 4日196988
21年12月11日185977


地方庁の処理ペースが鈍っています。調査が難しいケースが残っているのか、組織移行の準備に人手がとられているのか、他に理由があるのかよく分かりません。

統合の状況はこうなっています。
未統合の記録の件数(万件)
年月日件数
21年10月15日3,821
21年10月30日3,797
21年11月13日3,780
21年11月20日3,770
21年11月27日3,764
21年12月 4日3,756
21年12月11日3,748


約2か月で73万件の統合です。5,095万件から比べると1,347万件、統合できたわけです。

前回書いたことの繰り返しですが、もし、回答の仕方がわからなければ、手元にある年金手帳や資格者証とねんきん特別便やねんきん定期便を持って、社会保険事務所に行くのも一つの手段です。

もうひとつ、お子さんの年金手帳を預かっている方は、お子さんに手帳を送りましょう。

ここをクリック、お願いします。

人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では36位でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[年金記録] 「消えた年金(厚生年金)」事例解説−勤務実態が確認できない場合
平家さんの要望に応えて、第三者委員会で年金記録の回復が難しいケースの解説をしてみます。以下の厚生年金の事例は、朝日新聞記事からの抜粋です。 この事例は、1956年5月〜57年3月までの申立期間(勤務期間11か月)が下記の4つのケースのどれに該当するのかはっきりしな ...続きを見る
namiメモ
2010/01/02 00:22
[年金記録] 「消えた年金(国民年金)」事例解説−未納期間が長期の場合
引き続き、第三者委員会で年金記録の回復が難しいケース(国民年金)の解説をしてみます。以下の国民年金の事例は、朝日新聞社会面(2010.1.1)からの抜粋です。 震災 年金も奪った 神戸市須磨区で飲食店を営む女性(60)は、1975年度以前の未納期間に驚いた。会社を辞めて ...続きを見る
namiメモ
2010/01/03 00:13
年金記録の統合
「ねんきん特別便 その10」の続きです。 日本年金機構のHPで、2月12日現在の、宙に浮いていた年金番号の統合の状況が発表されています。 ...続きを見る
労働、社会問題
2010/02/27 18:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
年金記録問題の最前線である総務省の年金記録確認第三者委員会の仕事に出てから、はや2年。(しんどかったぁー)原口大臣が24日の会議で第三者委員会の廃止に言及して、やっとブロゴスフェアに戻れそうです。

>地方庁の処理ペースが鈍っています。調査が難しいケースが残っているのか、組織移行の準備に人手がとられているのか、他に理由があるのかよく分かりません。

組織移行の準備というより、組織移行する前に有給休暇を消化しようという人(特に非常勤)が多いみたい。(組織が変わると、有休はゼロからのスタートになるのだろうか?)なので、事務所を開いている間は窓口対応に追われて、事務処理が進まないみたいです。あと、異動も多いので、新規を手がけるより、手持ち事案の処理を終えてしまいたいとか。いろいろ。
私も組織移行に伴い、WM(社会保険庁の窓口用のコンピュータ)を撤収されて仕事にならないので有休を取りました。
赤澤波(namiメモ) 
2009/12/27 10:27
波さん、本当にお久しぶりです。突然、姿を消されたのでどうされたのだろうと思っていましたが、そうですか、年金記録確認第三者委員会の仕事をされていたのですか。守秘義務はあるのでしょうが、審査の実態をエントリーに挙げていあげていただきたいです。複雑怪奇ですから、外からは何が問題なのか、よく分かりません。
新しい組織になって、多少、立ち上がりに時間がかかっても、特別便の処理はあと数カ月で終わるでしょう。次の手を考えなければなりませんね。もう、書類を読んで反応される方は、反応されているでしょうから、書類を読まずにほうり出している方へのアプローチが必要なのだと思います。
平家
2009/12/27 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ねんきん特別便 その10 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる