労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「メタンハイドレート -メタンを抱いた水篭-」について

<<   作成日時 : 2012/02/20 11:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

メタンハイドレート -メタンを抱いた水篭-」で書かれているように、「未来の日本は海洋資源大国になっているかもしれない。」のですが、これは日本の経済にどのような影響を与えるでしょうか?

まず、液化天然ガスや液化石油ガスの輸入が政治的な問題で、難しくなった時も安心です。突然の衝撃に耐えられるようになるということは、経済の安定につながります。また、メタンハイドレードの生産に関連する産業が生み出されるでしょう。投資も相当なものになるでしょうから、機械装置を作る産業にとっては需要の拡大につながるでしょう。いろいろなルートを通じて経済の成長につながります。

ただ、不利になる産業が出ることも予想しなければなりません。

日本の液化天然ガスと液化石油ガスの輸入額は、23年で5兆6、647億円です。総輸入額の8.3%を占めています。
http://www.customs.go.jp/toukei/shinbun/trade-st/2011/2011_115.pdf

この輸入がなくなれば、輸入代金をドルで支払う必要はなくなります。ドルを得るために円を売る必要もなくなります。したがって、外国為替相場でドル需要がこの分だけなくなります。つまり円高になるのです。

円高は輸出産業にとっては打撃です。(輸入産業にとってはいいことです。)

また、これらのガスを運送している海運業にも打撃は及びます。造船業も影響を受けるかもしれません。

どちらかというと資源が産出されることは輸出型の製造業など、輸出関連産業にとっては不利なのです。アラブの原油輸出国が製造業大国ではないことがそのいい例です。

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では30位でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「メタンハイドレート -メタンを抱いた水篭-」について 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる