労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 再生可能エネルギーの買い取り価格

<<   作成日時 : 2012/04/28 09:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

自然エネルギーで発電される電力の買い取り価格の案が出されている。

http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/007_s01_00.pdf

実に不思議な気がする。発電方式によって買い取り価格が違うのだ。電力に差があるわけではないので、一物多価になり、価格メカニズムが多くくゆがめられてしまう。

たとえば、この案では20kW以上の風力発電は23.1円、10kW以上の太陽光発電は42円である。

このとおり実施されると、コスト+適正利潤が25円の風力発電プロジェクトは、実行されず、40円の太陽光発電プロジェクトは実施されることになってしまう。

明らかに資源、資金の無駄である。なぜ、価格を一本化して、最少費用で自然エネルギーによる電力を調達しないのだろうか?

この無駄は、結局、電力の買い手に転嫁される。この制度は基本的に自然エネルギー電力の押し売り権を配分するシステムである。押し売り公認は、自然エネルギーの活用のためやむを得ないだろう。しかし、こんな仕組みでいいのだろうか?このような仕組みが長く続くとは思えない。

自然エネルギー発電バブルが起こってしまい、負担はすべて電力使用者が負うことになるような気がする。

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では32位でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本のオリガルヒ?
本日(2012年4月30日)の日本経済新聞に次によ言うな記事が出ていた。 ...続きを見る
労働、社会問題
2012/04/30 16:35
「再生可能エネルギーの買い取り価格」について
「再生可能エネルギーの買い取り価格」に,500drachmasさんから、次のようなコメントを頂きました。貴重な情報を提供していただきありがとうございます。 ...続きを見る
労働、社会問題
2012/05/13 12:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
調達原価算定委員会の資料
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/006_02_00.pdf
3ページ目の一番下に電源ごとの利益率を変えた理由が書いてあります。

地熱発電のIRRが13%と高い理由については以下に説明があります。
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/006_03_00.pdf

電源ごとに異なるリスクがあるので、「IRRの高い電源だけが普及する」とはならないと思われます。算定価格の妥当性には議論のあるところでしょうが。
500drachmas
2012/05/09 10:59
500drachmas さん、コメントありがとうございました。新しいエントリーを書きましたので、ご覧下さい。
平家
2012/05/13 12:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
再生可能エネルギーの買い取り価格 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる