労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本のオリガルヒ?

<<   作成日時 : 2012/04/30 16:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

本日(2012年4月30日)の日本経済新聞に次によ言うな記事が出ていた。

経済産業省は29日、太陽光など再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が固定価格で買い取る新制度について、すでに事業者が販売している既存の発電設備分も買い取り対象に含める方向で検討に入った。新設の発電設備分だけを対象に準備を進めていたが、発電事業者の要望に応じ、方針を転換する。既存分は価格を低めに設定するが、買い取る電気の量が増えるため、家庭や企業が支払う電気料金への費用の上乗せは膨らむ。


再生可能エネルギーの買い取り価格」で、書いたように、「この制度は基本的に自然エネルギー電力の押し売り権を配分するシステムである。」本来、不公平な制度なのだ。この押し売りの公認は、「自然エネルギーの活用のためやむを得ない」から特例的に認められるものだ。つまり、自然エネルギーを新たに開発する事業者に対するインセンティブとして、認められるだけである。

既存の事業者も対象にしたところで、自然エネルギーを活用する設備が増えるわけではない。自然エネルギーの活用につながるわけでもない。単に、電力利用者の負担で既存の事業者に利益を与えるだけではないか?

すでに、発電事業者が要望するだけで、なんで方針が変わってしまうのだろう?彼らは日本のオリガルヒなのか?

ここをクリック、お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では32位でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
推測ですがJAの圧力ではないかと。1950年代山奥の電化目的に、中国地方中心に協同組合形式で小水力発電を沢山つくりましたが、多くが現在も稼働しています。電力は中国電力などに売電していますが、補修費などがかかり経営は苦しく、故障した場合運転できないらしいです。FIT導入の際には既存設備も対象にして欲しいと言っておりました。
500drachmas
2012/04/30 17:09
500drachmasさん、JAですか?なるほどね。そういう事情なら修理代を補助するのは、合理性があるかもしれません。でも買い取りはどうでしょうか?風力や太陽光発電に参入した企業が声を上げているという可能性もあると思います。
平家
2012/05/01 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本のオリガルヒ? 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる