労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 来春の賃上げを考える その1

<<   作成日時 : 2013/10/16 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

来春の賃上げについて、考えてみたい。

迂遠であるが、小泉政権時代の実感なき成長の話から始めたい。

スタートラインとして、2002年の4-6月期の状況を、厚生労働省の毎月勤労統計で確認しよう。

賃金、雇用、賃金収入の状況(対前年同期比%)
項目フルタイム労働者パートタイム労働者合計
常用雇用−2.76.7−0.9
現金給与総額−1.9−3.0−3.2
所定内給与−0.8−3.0−2.1
所定内労働時間−3.3
1時間当たり所定内給与0.3
賃金収入−4.63.7−4.1


フルタイム労働者の雇用は大幅に減っていた。パートタイム労働者の雇用はさらに大幅に増えているが、合計すると小幅であるが減っていた。極端に単純化すると、職を失ったフルタイム労働者の一分がパートタイムの職に就き、パートタイムの職すらなくて仕事につけていないという状況であった。

フルタイム労働者もパートタイム労働者も、現金給与総額は減っていた。賃金水準の低いパートタイム労働者の割合が増えていたため、全体の減少率は、大きくなっていた。所定内給与についても同じ動きであった。

少し注意が必要なのは、パートタイム労働者の所定内労働時間で3.3%減っていた。これを考慮すると、パートタイムろうづしゃの1時間当たり所定内給与は小幅ではあるが、増えていたことになる。一つの可能性として、質の高い元フルタイム労働者がパートタイム労働についたことが考えられるが、確証はない。

労働者数と一人当たり賃金を掛け合わせて、労働者全員が受け取った賃金の総額、賃金収入を考えてみると、フルタイム労働者は大幅に減少していた。パートタイム労働者は大幅増加であったがフルタイムの減少をカバーする力はなく、合計するとやはり大幅な減少であった。当然、労働者全員の消費合計の減っていたはずである。

一言でいえば、ひどい状況であった。

では、リーマンショック前までに、どれだけ回復していたのだろうか?次回、これを検討したい。

人気blogランキングでは「社会科学」の27位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
来春の賃上げを考える その2
「来春の賃上げを考える その1」の続きです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2013/10/21 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
来春の賃上げを考える その1 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる