労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性の正規割合

<<   作成日時 : 2014/06/05 09:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

雇用の質についてデータを見てみましょう。総務省統計局の労働力調査に、「役員を除く雇用者」のうち「正規の職員・従業員」の割合が示されています。

男性雇用者の年齢階級別正規割合(%)
年齢2014年4月2013年4月
15から24歳58.356.12.2
25〜34歳84.384.5△0.2
35〜44歳90.390.6△1.3
45〜54歳91.191.9△0.8
55〜59歳87.788.1△0.4
60〜64歳44.945.6△0.7


ほとんどの年齢階級で正規割合は、なお高まり続けています。雇用の質が高まったとは言えません。救いはほとんどの学卒者が含まれる15歳から24歳層で正規割合が上がったことです。今年の卒業生の就職が好調だったことを反映しているのかもしれません。しかし、その上の25歳から34歳層では、低下が続いています。この奏は結婚適齢期なので、ここで雇用が安定しないと将来人口が回復しません。9割ぐらいまでにはなる必要があると感じています

男性の就業率」で書いた「若年男性がしっかりとした仕事につかないと、独身女性から相手にしてもらえず、結婚できません。当然、子供は生まれず、20年ぐらい先の若年労働者の不足、出産可能な女性の減少につながります。目先の人手不足はぐっと我慢して、長期的展望で現在の男性雇用の確保を進めるべきでしょう。」の背景です。

不安定な雇用でも、若年男性が安い賃金でいくらでも集まる社会に将来性があるとは思えません。そんな企業が現状維持できるようにする政策など有害無益です。

人気blogランキングでは「社会科学」の16位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性の正規割合 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる