労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 素朴な疑問

<<   作成日時 : 2014/07/01 12:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

穴埋め問題 次の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

個人の意欲と能力を最大限に活用するため、労働時間ではなく成果で評価される「新たな□□制度の創設」が提案された。


これが常識を問う問題なら、正解は「賃金」です。

時事問題だと「労働時間」でしょう。

実際に提案されているのは、労働時間規制の緩和です。
こちら参照http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/kadaibetu/dai4/siryou5.pdf

そもそも賃金をどのような基準に基づいて決めるかは、企業労使の自由です。労働時間の規制を緩和したからといって、成果主義賃金制度が自動的に普及するわけではありません。

目的と手段の間の因果関係が、よくわかりません。労働時間規制を緩和して成果に応じた賃金が支払われなかったら、どうするのでしょう?

人気blogランキングでは「社会科学」の6位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「素朴な疑問」の答え
「素朴な疑問」の答えを書くとするならば、ある労働者に「新たな労働時間制度」を適用する場合には、企業は成果に応じて賃金を支払わなければならないと規定することが必要です。 ...続きを見る
労働、社会問題
2014/07/02 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素朴な疑問 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる