労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「輸出数量はなぜ増えないか?値下げしないから。」について

<<   作成日時 : 2014/08/13 09:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

輸出数量はなぜ増えないか?値下げしないから。」で次のように書きました。

円安になってかなり時間がたつのに輸出数量が増えていません。なぜでしょうか?円安を利用して値下げをしないのが、大きな要因です。

円安を利用して価格を下げなかったことを、日本銀行の企業物価統計で確認しておきます。この統計では、輸出物価契約通貨ベースのものと円ベースのものの2種類があります。

契約通貨ベースと円ベース企業物価の変化率(前年同期比%)
期間契約通貨ベース円ベース
2011年3.1△2.2
2012年△1.5△2.0
2013年△1.811.7
2014年1−3月△2.44.5
4−6月△1.40.9


2012年は円ベースでは物価は下落していましたが契約通貨ベースでは上昇していました。海外市場では値上げをしていたわけです。2012年には、やはり円ベースでは下落し、契約通貨ベースでも下落です。ただ、契約通貨ベースでの下落率は円ベースほどではありませんでした。

2013年には状況が円ベースの状況が一変しました。下落から11.7%の上昇へと劇的な変化です。輸出採算が向上したことは明らかです。一方、契約通貨ベースでは大きな変化はありませんでした。1.8%の下落です。つまり円安を利用して価格を下げるのはほどほどにしておいて、円建て価格を維持したのです。もっとも契約通貨の3割から4割は円ですから、円建て価格を上げることによって自動的に契約通貨ベースでも価格は上昇します。

2014年に入っても契約通貨ベースでは2%前後の下落が続いています。円ベースの価格上昇の勢いは弱まっています。2014年1−3月の上昇は4.5%と一桁台に落ち、4−6月期はほぼ横ばいになりました。

円安が止まったので、これを利用した輸出採算向上はできなくなったといえるでしょう。再度円安に転じない限り、今後は価格を維持しつつ、輸出数量を増やし、かつ、採算も向上させるという課題に取り組まなければなりません。企業の経営者の努力が求められます。同時に、円安に頼らない経済運営が政府に求められています。

人気blogランキングでは「社会科学」の21位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「輸出数量はなぜ増えないか?値下げしないから。」について 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる