労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗用車と貨物車の明暗 (4月の自動車(登録車)販売)

<<   作成日時 : 2015/05/03 11:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

財やサービスは、昨年4月の消費税率引き上げによる価格が上昇しています。昨年4月から今年3月までの統計で対前年同期比を見ると、価格引き上げ前の時期と引き上げ後の時期を比較することになります。したがって価格に断層ができた特殊な時期の比較になります。4月からはすでに引き上げられた後の期間同士の比較になります。消費税率引き上げの価格水準への永続的な影響はありますが、対前年同期の変化には税率引き上げに伴う価格変化の影響はなくなります。基本的には、統計は普通に読めばいいことになります。

しかし、耐久消費財や耐久性のある生産財は、消費税率引き上げに反応してリーズアンドラグズが発生しています。昨年4月の購入は大幅に減っているはずです。また、前倒しで購入された結果、新たな購入はかなりの期間抑制されると考えるべきでしょう。

なお、普通は耐久消費財とは考えられないタバコなど、ある程度保存できるものでも、昨年4月の購入は減ったと考えられます。

日本自動車販売協会連合会(自販連)が、4月の自動車販売台数を発表しました。http://www.jada.or.jp/contents/data/hanbai/index12.html

これを一昨年4月と比較してみます。消費税率引き上げの永続的な効果と前倒し購入の反動の効果が生じていると考えられます。

4月の自動車販売(台、%)
種類2013年2015年
普通乗用車91,03981,909△9,130△10.0
小型乗用車96,58088、331△8,249△8.5
小計187,619170,240△17,379△9.3
普通貨物車7,8419、7211,88024.0
小型貨物車16,80417、4726684.0
小計24,64527,1932,54810.3
バス901938374.1
合計213,165198,371△14,794△6.9


乗用車の減少と貨物車・バスの増加というはっきりとした明暗が見て取れます。業務用がほとんどを占める貨物車・バスは景気の回復に合わせて購入が増えています。おそらく、ドライバーの不足という事情があり、あまりにも古い車では人手を集められない、ドライバーの不満が募り、逃げられてしまうといった事情のあるのではないかと思います。古い車で事故が起こるとドライバーはもちろん困ります。会社に取っても負担です。運送会社、運送部門では設備投資が始まっているのではないかと思われます。

企業が使っている乗用車でも同じことが起こっているのではないかと想像できますが、家庭が使うものについてはまだしばらく購入抑制が続いているようです。昨年3月までに買った車が買い替え時期を迎えるまでは続く可能性があります。

もっとも、17年4月の消費税率の引き上げ前には、また、リーズアンドラグズが発生するでしょうから、その影響を考えなければなりません。

人気blogランキングでは「社会科学」の11位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
耐久消費財(3月)
家計調査には、消費支出を、耐久財、半耐久財、サービスに分類した表があります。消費支出がすべてこの4つに分類できるかどうかというとそうではありません。「交際費」のうちの「贈与金」、「その他の交際費」と「こづかい」と「仕送り金」はどんなものに使われているか分かりません。これらを除いた消費支出を分類したものです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2015/05/05 10:41
5月の自動車(登録車)販売
5月分が発表になりました。この統計は発表が早いですね。ありがたいことです。一昨年に比べて、乗用車が減少、貨物車が増加という傾向は「乗用車と貨物車の明暗 (4月の自動車(登録車)販売)」と変わりません。この統計については土地勘がないので、しばらく追跡したいと思います。 ...続きを見る
労働、社会問題
2015/06/01 21:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乗用車と貨物車の明暗 (4月の自動車(登録車)販売) 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる