労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 例外的「雇い負け」対策

<<   作成日時 : 2016/01/25 07:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

雇い負けで、「対策を講じるべきなのはその企業であり、国ではありません。」と書きましたが、一つ例外があります。
付加価値の生産性もそれなりにあり、労働者もきちんと処遇しているが、知名度が低い、あるいは、広告などを出す余裕がないため企業の情報を労働者に伝えられない、そのために雇い負けしている企業があります。主に中小企業です。この場合、企業と労働者の間に情報の非対称性が発生していることになります。

これらの企業を支援して、情報の非対称性を解消し、マッチングの質を改善するのは国がやるべきことです。基本的な手段は、ハローワークで無料の職業紹介を実施することです。


人気blogランキングでは「社会科学」の8位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
例外的「雇い負け」対策 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる