労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 20/21歳正社員は3万人減少、60万人割れ、まだ労働供給には余裕がある

<<   作成日時 : 2016/09/05 14:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

前年に比べ悪化しています。もっとも前年の7月の数字が実態より良く出ていた可能性はあります。2歳だけですと、どうしても数字のブレが大きくなります。

正社員の数(万人)
2014年2015年2016年
1月4448491
2月444949
3月455454
4月605963
5月595859
6月535563
7月525754△3
8月5453△1
9月5356
10月5154
11月5351△2
12月5553△2



人口に占める正社員の割合(%)
2014年2015年2016年
1月17.717.918.80.9
2月17.918.519.71.2
3月18.120.821.60.8
4月23.123.223.70.5
5月22.922.622.5△0.3
6月20.520.824.13.3
7月20.222.021.2△0.8
8月20.820.2△0.7
9月21.020.9△0.1
10月20.221.10.9
11月20.319.9△0.4
12月20.619.9△0.7


(注)2014年、15年を見る限り、この率は季節的に変動するようです。学卒者が採用される年度初めの4月が一番高くそれ以降下がる傾向にあります。下げ幅は22歳から24会に比べると小さく、2014年の4月と2015年の3月を比べると2.3ポイントの低下、2015年の4月と2016年の3月を比べると1.6ポイントの低下です。労働市場がタイトになると、下げ幅が小さくなるようです。

パート、アルバイトは72万人で10万人増加しています。通学の傍ら仕事をしている人は52万人で11万人増えています。通学だけしている人は98万人で12万人減っています。労働市場の改善により通学傍ら仕事をすることのアドバンテージが大きくなったたので、通学から通学+仕事に切り替えたということでしょう。学業に影響しなければいいのですが。

なお、別に人口が増えているわけではありません。255万人で前年の7月より4万人減っています。

労働力人口は146万人で前年同月比5万人増加し、就業者は138万人でやはり、5万人増加しています。労働力率は急上昇しています。労働力率は57.3%で2.9%ポイント上昇です。就業率も同じように51.4%から54.1%に2.7ポイントも上昇しています。「20/21歳正社員も60万人回復、まだ労働供給には余裕がある」でも書きましたが、働き口が増えた分だけ働く人が増えたのです。人口が減り、労働力人口が増えていますから、この層は仕事さえあれば労働市場に戻ってきて働き始めるのです。労働供給に制約があるわけではありません。

完全失業者は、8万人で1万人増加、率は5.5%で0.5%ポイント上昇です。完全雇用ではありません。

なお、通学の傍ら働いている人は52万人、働かずに通学している人は98万人です。正社員と合計すると204万人で人口の80%です。これだけは人的資本の蓄積が進んでいるといっていいでしょう。



人気blogランキングでは「社会科学」の8位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2016年8月の20/21歳正社員は3万人減少、労働供給には余裕がある
8月分の労働力調査が発表されましたので、「20/21歳正社員は3万人減少、60万人割れ、まだ労働供給には余裕がある」を更新します。 ...続きを見る
労働、社会問題
2016/10/11 12:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20/21歳正社員は3万人減少、60万人割れ、まだ労働供給には余裕がある 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる