労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年9月の20/21歳正社員は横ばい

<<   作成日時 : 2016/11/03 08:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月は「2016年8月の20/21歳正社員は3万人減少、50万人に 労働供給には余裕がある」でしたが、9月は横ばいになりました。人口は減っていますが、正社員として雇うなら供給不足はないということでしょう。

正社員の数(万人)
2014年2015年2016年
1月4448491
2月444949
3月455454
4月605963
5月595859
6月535563
7月525754△3
8月545350△3
9月535656
10月5154
11月5351△2
12月5553△2


正社員割合は人口が減ったため0.7ポイント上昇しました。
人口に占める正社員の割合(%)
2014年2015年2016年
1月17.717.918.80.9
2月17.918.519.71.2
3月18.120.821.60.8
4月23.123.223.70.5
5月22.922.622.5△0.3
6月20.520.824.13.3
7月20.222.021.2△0.8
8月20.820.220.0△0.2
9月21.020.921.60.7
10月20.221.10.9
11月20.319.9△0.4
12月20.619.9△0.7


(注)2014年、15年を見る限り、この率は季節的に変動するようです。学卒者が採用される年度初めの4月が一番高くそれ以降下がる傾向にあります。下げ幅は22歳から24会に比べると小さく、2014年の4月と2015年の3月を比べると2.3ポイントの低下、2015年の4月と2016年の3月を比べると1.6ポイントの低下です。労働市場がタイトになると、下げ幅が小さくなるようです。

アルバイトは68万人で6万人減っています。

人口は259万人で9万人減少し、労働力人口も151万人で前年同月比5万人減少していますが、減少幅は人口に比べて小さくなっています。就業者は145万人で4万人減少、雇用者は142万人で2万人減少と、順番に減少幅が小さくなり正規は増減なしです。

安定した雇用であれば人口減を跳ね返せるということでしょうか。労働力率は58.3%で0.1%ポイント上昇です。就業率は56.0%に0.4ポイント上昇しています。雇用率は54.8%で、1.1ポイント上昇です。正規割合も0.7ポイント上昇です。

完全失業者は、7万人で横ばい、率は4.6%で0.1%ポイントの上昇です。完全雇用ではありません。

なお、津額だけ、あるいは通学の傍ら働いている人の割合は59.5%で、正社員割合と合計すると81.1%です。人的資本の蓄積が進んでいるといっていいでしょう。

人気blogランキングでは「社会科学」の8位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年9月の20/21歳正社員は横ばい 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる