労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月確報)

<<   作成日時 : 2017/05/23 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月速報)」に続いて確報が発表されました。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2903r/dl/pdf2903r.pdf

今回の注目点はパートタイム労働の投入が前年同月比マイナスになったことです。

常用雇用は合計では2%台前半の増加が続いています。このうち一般労働者(フルタイム労働者)は2.2%の増加です。パートタイム労働者は2.7%の増加でした。2月に引き続き、人数の上ではパートタイム労働者の増加率がフルタイム労働者のものを上回りました。

常用雇用の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
15年9月2.01.33.9
10月2.21.34.5
11月1.61.14.5
12月2.32.44.4
16年1月2.11.43.6
2月1.91.92.3
3月2.11.92.8
4月2.01.53.3
5月2.01.53.1
6月2.01.62.8
7月2.01.92.4
8月2.22.12.6
9月2.21.73.3
10月2.21.82.8
11月2.22.02.8
12月2.21.92.9
17年1月2.32.32.2
17年2月2.4〔2.4〕2.0〔2.4〕3.2〔2.3〕
17年3月2.4〔2.4〕2.2〔2.6〕2.7〔1.8〕


〔 〕は速報。

総実労働時間は、全体では1.7%の大幅な短縮です。フルタイムが、1.5%の大幅な短縮になっています。前年同月と、平日、日曜日、土曜日、祝日の数が全く変わっていないのに出勤日数が0.3日減っていて、これが1.4%分に当たります。前年の3月が1.2%と高い伸びであったことの反動かもしれません。パートタイム労働者は傾向的に減ってきていたのですが、それを上回る3.1%の短縮です。

総実労働時間の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
15年9月△0.9△0.6△1.3
10月△2.7△2.6△1.4
11月0.00.6△1.5
12月△0.20.2△1.0
16年1月△0.9△0.4△0.3
2月0.40.6△0.5
3月0.71.2△0.2
4月△1.5△1.0△2.4
5月△0.8△0.2△2.1
6月△0.30.2△1.7
7月△2.5△2.5△2.4
8月△0.8△0.3△2.2
9月0.41.1△1.5
10月△0.9△0.5△2.3
11月△0.10.3△1.7
12月△0.20.2△1.6
17年1月△1.1△0.6△2.0
17年2月△0.5〔△0.3〕0.0〔0.1〕△2.2〔△2.0〕
17年3月△1.7〔△1.9〕△1.5〔△1.7〕△3.1〔△3.5〕


近似計算で、労働投入の伸びを計算すると、全体では0.7%の増加でした。フルタイムは0.7%の増加でしたが、パートタイムでは逆に0.4%の減少でした。16年2月以降労働投入ではフルタイム化が進んでいましたが、さらに明確になりました。企業の採用条件の緩和により、人数は増えているのですが短時間しか働かない人が増え、労働投入は減ってしまった訳です。パートタイム労働の供給は限界に来たのかもしれません。4月以降もこの傾向が続くかどうか、注目です。

総労働投入の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
15年8月2.31.64.5
9月1.10.72.6
10月△0.5△1.33.1
11月2.01.73.0
12月2.11.63.4
16年1月1.21.03.3
2月2.32.51.8
3月2.83.12.6
4月0.50.50.9
5月1.21.31.0
6月1.71.81.1
7月△0.5△0.60.0
8月1.41.80.4
9月2.62.81.8
10月1.31.30.5
11月2.12.31.1
12月2.02.11.3
17年1月1.21.70.2
17年2月1.9〔2.1〕2.0〔2.5〕1.0〔0.3〕
17年3月0.7〔0.5〕0.7〔0.9〕△0.4〔△1.7〕


現金給与総額は、全体では名目0.0%の横ばいにとどまりました。これも前年3月が1.5%と高い伸びであったことの反動があるかもしれません。CPIの帰属家賃を除く総合で実質化した実質賃金は0.3%の減少です。フルタイム労働者のものは0.1%の増加です。パートタイム労働者は1.0%の減少ですが、総実労働時間ほどは減っていません。

名目賃金の増加率(%)>
全体フルタイムパートタイム
15年9月0.4(0.3)0.6(0.5)0.4(0.3)
10月0.7(0.4)1.1(0.8)0.1(△0.2)
11月0.1(0.3)0.7(0.3)△1.1(△1.5)
12月0.0(△0.2)0.4(0.2)0.5(0.3)
16年1月0.0(0.0)0.5(0.5)△0.3(△0.3)
2月0.7(0.3)1.0(0.6)0.8(△0.4)
3月1.5(1.5)0.81.5
4月0.0(0.3)0.5△0.8
5月△0.1(0.4)0.20.0
6月1.4(1.9)1.80.2
7月1.2(1.6)1.6△0.8
8月0.1(0.6)0.5△1.7
9月0.0(0.5)0.5(1.0)△0.1(0.4)
10月0.1(△0.1)0.4△0.2
11月0.5(△0.1)0.7△0.2
12月0.5(0.1)0.90.0
17年1月0.3(△0.1)0.40.0
17年2月0.4(0.0)0.4〔0.1〕△0.2〔0.2〕
17年3月0.0〔△0.4〕0.1〔△0.6〕△1.0〔△1.9〕


雇用と賃金を掛け合わせて、近似計算で賃金収入の変化を見ると、全体では名目2.4%、実質2.1%の増加です。フルタイムは2.3%、パートタイムは1.7%増加で、ここでもフルタイム化が進んでいます。

賃金収入の増加率(%)
全体フルタイムパートタイム
15年9月2.4(2.3)1.94.3
10月2.9(2.6)2.44.6
11月2.1(1.7)1.6(1.2)4.6(4.2)
12月2.3(2.1)1.8(1.6)4.9(4.7)
16年1月2.1(2.1)1.9(1.9)3.3(3.3)
2月2.6(2.2)2.9(2.5)3.1(2.7)
3月3.6(3.6)2.74.3
4月2.0(2.3)2.02.5
5月1.9(2.4)1.73.1
6月3.4(3.9)3.43.0
7月3.2(3.6)3.51.6
8月2.3(2.8)2.60.9
9月2.2(2.7)2.23.2
10月2.3(2.1)2.22.6
11月2.7(2.1)2.72.6
12月2.7(2.3)2.82.9
17年1月2.6(2.2)2.72.2
17年2月2.8(2.4)2.4〔2.5〕3.0〔2.1〕
17年3月2.4〔2.0〕2.3〔2.0〕1.7〔△0.1〕


パートタイム労働者の所定内労働時間は3.1%短縮し、所定内給与は0.8%減少しました。1時間当たりの所定内給与は名目2.4%の伸びとなっています。かなり高く、これがパートタイム労働者数の増加に結びついたと思われます。しかし労働投入は減っていますので、パートタイム労働者に依存する経営は苦しくなってきているでしょう。


人気blogランキングでは「社会科学」の番外でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年4月速報)
「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月確報)」に速報の数字のみ追加します。コメントは3月分のままです。 ...続きを見る
労働、社会問題
2017/06/06 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月確報) 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる