労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 25歳から34歳の男性の労働力率は2016年に上昇

<<   作成日時 : 2017/07/05 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

労働力人口は4年連続増加中」に関連して、25歳から34歳男性の労働力率です。この率は人口に占める労働力人口の割合です。こちらも景気循環に対応して上下しています。

最も景気が底を打てばすぐに上昇する訳ではなく、しばらく低下を続け、回復がある程度続くと初めて上昇するようです。景気悪化についても同じで、やや遅れて反応しているようです。

2016年は94.8%で前年より0.3ポイント上昇しました。2016年の人口は698万人で、90年代の平均は97.0%ですので、ここまで回復するためには、あと15万人ほどが労働市場に出てくる必要があります。景気回復が続けばこれぐらいは出てくるような気がしています。まずは、2007年の95.5%を目指して政策運営をするべきでしょう。

25歳から34歳男性
労働力率前年差
1990〜99年平均97.0
1994年97.0△0.2
1995年97.00.0
1996年97.40.4
1997年97.2△0.2
1998年96.7△0.5
1999年96.6△0.2
2000年96.60.1
2001年96.4△0.2
2002年95.7△0.7
2003年95.6△0.1
2004年95.4△0.2
2005年95.1△0.3
2006年95.40.3
2007年95.50.1
2008年95.4△0.1
2009年95.2△0.2
2010年95.1△0.1
2011年
2012年94.7
2013年94.70.0
2014年94.5△0.2
2015年94.50.0
2016年94.80.3


人気blogランキングでは「社会科学」の8位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
35歳から44歳の男性の労働力率は2016年は横ばい
「25歳から34歳の男性の労働力率は2016年に上昇」ですが、35歳から44歳の男性の労働力率は2016年は横ばいです。実は、2016年には45歳から54歳の労働力率も上がっていますので、この年齢層だけが改善しなかったことになります。2015年に0.3ポイントとかなり下がった後だけに気になります。就職氷河期世代ゆえなのでしょうか? ...続きを見る
労働、社会問題
2017/07/06 10:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
25歳から34歳の男性の労働力率は2016年に上昇 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる