労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 1926年のSlavary条約第4条

<<   作成日時 : 2018/04/23 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

1926年のSlavary条約第3条(3)」に続いて第4条です。

第4条 制約国は他の締約国に奴隷制と奴隷貿易の廃止を確保する目的で、すべての援助を与える。

人気blogランキングでは「社会科学」の13位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1926年のSlavary条約第5条(1)
「1926年のSlavary条約第4条」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。 ...続きを見る
労働、社会問題
2018/04/24 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1926年のSlavary条約第4条 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる