「大学教育の基本的レリバンス」へのhamachanさんのコメントについて

大学教育の基本的レリバンス」にhamachanさんからコメントをいただきましたので、お返事を。

まず、「問題の建て方が違う」というご指摘です。私としては、問題を発展させたという意識です。

当初の「通りすがり」さんの質問は、大学での哲学、日本文学教育に職業的レリバンスはあ利得るか?というものでした。

本田先生のお答えは、二つあり、一つは、職業的レリバンスを意識した教育があり得るというもの。もう一つは、メタレベルの認識を与えることが可能であり、それによって職業的レリバンスを与えうるというものでした。(誤読はあり得ます。)そして、包括的な答えとして、今を生きる人間の生身の生(「生身の生」というのは重複しているような気がしています。)に関わらせることなく、特定の知識を飲み込め、というスタンスで教育がなされることには問題があるとされています。

私は、私の主張は二つの部分に分かれています。まず、大学で教える内容としてさらにメタ的なもの、自分の意見を論理的に表現するという大学レベルでは必要とされている能力があるということ。さらにそれは、職業を超えて社会人として持って置いた方がいい能力だということです。

実はこの答えは、本田先生が引用されている柳井先生の談話の太字部分に対する回答でもあります。

まあ、職業的レリバンスとは少し離れていることは認めます。

哲学や文学を教えている方に失礼かどうか?よく分かりません。哲学や文学を馬鹿にするつもりは全くありません。私の本棚には何冊かその分野の本があります。

ロースクールでやった方がいいとは限らないと思います。すべて、論理が働くところどこでも教育可能だと思います。歴史なんていい素材なのではないでしょうか?

残りのコメントには、なんとお答えしたものか。大学卒業生が職業人となることと、大学が職業を意識した教育をやるべきだということの関連が、今ひとつ理解できませんでした。性別役割分業の下での有効性のお話も、十分理解できませんでした。哲学や文学を教えるのは、もう無理だから止めろというご意見ですか?哲学者や文学者も生かして置いた方が豊かな生活が送れるのではないかという気がしますが。

人気blogランキングでは「社会科学」の36位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2006年04月11日 09:19
私は、そもそも本田先生がご自分のブログで書かれた変な言い訳じみたものにも大変不満です。あんなことを言っていては、「職業的レリバンス」も何もないでしょうに、という感じです。ちょっと、考えをまとめた上で、私のブログ上でお答えしたいと思います。
hamachan
2006年04月11日 14:29
一点だけ、あらぬ誤解を招かぬように追加を。
私は、個人的には哲学や文学は好きです。特に、哲学は大好きといってもいい。「哲学者や文学者も生かして置いた方が豊かな生活が送れる」と思っています。そして、そういう人々を生かしておくためには、「哲学や文学を教える」役割の人間を一定数社会の中に確保しておくことが重要であろうと考えています。問題は、それを”制度的に”「教えられる」側の人間の職業生涯との関係で、それをどう社会的に調整すべきかということです。
「性別役割分業の下での有効性のお話」は、そういう意味合いで申し上げたことです。

この記事へのトラックバック

  • 哲学・文学の職業レリバンス

    Excerpt: 平家さんの「労働・社会問題」ブログで、大学教育の職業レリバンスをめぐって平家さん Weblog: EU労働法政策雑記帳 racked: 2006-04-11 10:28
  • 再びhamachanさんのコメントにおこたえして

    Excerpt: 「「大学教育の基本的レリバンス」へのhamachanさんのコメントについて」についてhamachanさんから再度のコメントをいただきました。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-04-15 08:54