若者の就職 平成19年3月卒 その1

若者の就職-18年3月卒最終-」で18年3月卒業者の3月での状況を書きましたが、今度は19年3月卒業予定の高校生の状況が発表されました。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/09/h0913-1.html

高校生の就職(万人、倍)
卒業時期求人就職希望者内定者求人倍率
10年3月41.530.526.51.36
11年3月27.828.322.00.98
12年3月16.626.619.00.62
13年3月16.325.619.30.64
14年3月15.224.817.10.61
15年3月11.523.116.00.50
16年3月11.621.916.30.53
17年3月14.621.216.90.69
18年3月18.820.817.40.90
19年3月23.820.91.14


求人はかなり増え、就職希望者を上回っています。10年3月卒業者以来のことです。ただ、当時と違い派遣や業務請負も含んでいるでしょうから、質が同じとは言い切れません。

それでも昨年よりは改善していますし、底であった15年3月卒業者と比べれば格段に改善されています。採用が始まっていますが、うまく、社会への第一歩を踏み出してほしいものです。

ここをクリック ↓お願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」の19位でした。クリックありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月17日 16:17
その「質の変化」がどの程度、深部に及んでいるかが問題だなあと思って戦々恐々と見守っている、って感じです。
nami
2006年09月18日 12:18
このデータは、私も見ていたのですが、求人倍率1.14倍というのは、数の上ではいちおう足りているのです。しかし、都道府県別に細かく見ていくと、愛知や東京圏内等、改善度の良い地域はますます良く、北海道や東北等、悪い地域は相変わらず悪いままなのです。国民の間に格差が拡大しているという意識の根底にはこういう事情があると思います。つまり、景気回復の恩恵が偏っているということです。
で、そういう地域に公共事業をさせるというのは、とても国民のコンセンサスは得られないから、国と地方自治体が協力して、企業誘致するとか、起業させるとか政策として何かやっていかないと市場にまかせておいたのでは改善はしないと思います。
hamachan
2006年09月18日 16:33
企業誘致も、今まで数十年やってきて、やってきた企業がどんどんいなくなるという事態になっていったわけです。そもそも、地域間格差は公共事業だけじゃなく、企業誘致格差であり、起業格差でもあるわけで。
どこまで本気で「国土の均衡ある発展」という戦略を確立できるかですが、今のままでは、高度成長期前期のような、人が余っている地方から人の足りない都会への広域移動政策をやれということになるのではないかと思っています。
というか、現実には、期間工の募集とか、請負労務という形で、「民間活力」でもって労働力の広域移動が進んでいるわけですから、それを「いい仕事」に結びつけていくという当面の政策課題があります。それは既にして広域移動政策の一環なんですね。
2006年09月18日 23:03
シーラカンスさん、コメントありがとうございます。TBを書きましたのでお読み下さい。
namiさん、hamachanもコメントありがとうございます。TBを書く予定です。少しお待ち下さい。

この記事へのトラックバック

  • 治にいて乱を忘れるな

    Excerpt: 「若者の就職 平成19年年3月卒 その1」にシーラカンスさんからコメントをいただきました。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-09-18 10:17
  • 事実上の広域移動政策

    Excerpt: 平家さんの「労働・社会問題」の「若者の就職 平成19年3月卒 その1」に書き込ま Weblog: EU労働法政策雑記帳 racked: 2006-09-18 16:42
  • 地方の若者の職場 その1

    Excerpt: 「若者の就職 平成19年3月卒 その1」に、namiさんからコメントを、そのコメントに対する回答をhamachanからいただきました。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-09-19 06:50
  • 若者の就職-19年3月卒 その2-

    Excerpt: 「若者の就職-18年3月卒最終-」で、18年3月卒業の学生、生徒の18年度末での就職状況を、書きました。 Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-11-11 12:56
  • 若者の就職-19年3月卒 その4

    Excerpt: 「若者の就職-19年3月卒 その3」で書いたように、日本全体では高校生に対する求人が求職を上回っています。ですから、もし卒業する学校から遠く離れたところに就職する気になれば、就職の口がないわけではあり.. Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-11-14 16:23