危険ではないか?

hamachanさんが、地域別最低賃金を、生活保護に関連させるという提案に賛意を表されています(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_99cb.html)。メイクワークペイという観点からです。


完全に連動させるという案ではありません。最低賃金の決定要素の一つの要素を考える際に生活保護の水準も考慮しろと言う案です。それにしても、地域別最低賃金の引き上げを図っていることは確かでしょう。

こういう提案をされる方々の善意は疑いません。しかし、こういう危険はないのでしょうか?

生活保護の水準のを考慮した地域別最低賃金の決定=地域別最低賃金水準の引き上げ→違反摘発→中小零細企業を中心とした地域別最低賃金が高すぎるという主張の高まり→生活保護の水準が高すぎるという世論の形成→生活保護水準の切り下げ(働く能力のない人も対象にしての引き下げです)→地域別最低賃金の引き下げ

結局、ある程度時間が経つと、地域別最低賃金の水準はあまり上がらず、生活保護が現在の地域別最低賃金の水準に鞘寄せされるという結果にならないでしょうか?

それでもメイクワークペイにはなるかもしれませんが、セイフティーネットの目が粗くなってしまうおそれを感じます。

人気blogランキングでは「社会科学」の23位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本には職種別の賃金はないのか?

    Excerpt: 「危険ではないか?」に続いて、hamachanさんにエントリー(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_99cb.html)に、関.. Weblog: 労働、社会問題 racked: 2006-12-13 21:48
  • メイク・ワーク・ペイ再論

    Excerpt: 久しぶりに平家さんからトラックバックを頂きました。テーマは懐かしきメイク・ワーク Weblog: EU労働法政策雑記帳 racked: 2006-12-14 10:25