夫の姓か、妻の姓か?それが問題だ。

句読点と引用符 例2」へのシーラカンスさんのコメントに「夫婦別姓なんて夢のまた夢」とありました。

では、現在結婚している方は、夫の氏を名乗っているのか、妻の氏を名乗っているのか?

「平成18年度『婚姻に関する統計』の概況」で調べてみました。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin06/konin06-2.html#2-8

全体では、夫の氏(法律上は姓ではなく氏です。)を名乗っているのが96.3%。傾向的に減ってきていますが、まだ圧倒的に夫の氏を名乗るほうが多いというのが現状です。

意外なのが、初婚、再婚で差があることです。こうなっています。
妻の氏を名乗る割合(%)
妻は初婚妻は再婚
夫は初婚2.76.63.9
夫は再婚4.79.04.3
2.02.4


これを見ると、妻であれ夫であれ再婚であると、妻の氏を名乗る割合がかなり高くなります。妻が再婚という場合のほうがその効果は大きい様です。二人とも初婚(2.7%)に比べると、二人とも再婚の場合(9.0%)では、3倍以上です。

簡単に言ってしまってはいけないのですが、再婚すると男性の立場は弱くなり、あるいはこだわらなくなり、女性の立場は強くなり、あるいはこだわるようになるのでしょうか。

長男であるとか、長女であるとか、一人っ子であるとかいろいろ考えなければなりませんが。

人気blogランキングでは「社会科学」の43位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

2007年02月14日 22:10
初婚ではまだ「夫を立てなきゃ」「夫の言うことを聞かなきゃ」って思っているものの、一回現実を知ると「我慢してもいいことないんだな」っていうことを悟る、…っていうところなのかもしれません(笑)その開き直りをこそ私は祝福したいです。
2007年02月15日 20:59
なるほど。一回目の現実が幸せだった方は離婚はしませんから。しかし、再婚でも夫の氏は多いですね。

この記事へのトラックバック

  • 厚労省の婚姻統計より

    Excerpt:  1月26日、厚生労働省が「婚姻統計」を発表しました。ここに「氏の選択」について Weblog: 夫婦別姓を待つ身の溜息 racked: 2007-02-12 13:15