「『社会保険方式』という言葉を『拠出方式』に変えたらどうだろうか?」の補足

「社会保険方式」という言葉を「拠出方式」に変えたらどうだろうか?」で、示した拠出方式の年金制度の原則は「拠出なくして給付なし」です。非拠出方式は、「拠出なくても給付あり」が原則です。この場合、普通は財源が税になるので、全額税方式と呼ばれることが多いですが、税は財源調達の手段に過ぎません。原則で呼んだほうが本質が示せると思います。

このような拠出方式の年金制度を作り、同時に非拠出方式の年金制度を作ることは不可能ではありません。

この場合、拠出方式の年金制度で拠出の義務を果たしていないものでも、非拠出方式の年金制度から給付を受けることができることが絶対条件です。

もし、非拠出方式の年金制度から給付を受けるためには、拠出方式の年金制度で拠出義務を果たしていることが条件になるなら、定義により、それは全体として拠出方式の年金制度だということになります。

人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では44位でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック