新 赤字国債を発行しなければ。

行政府は、立法府の統制に服すべきものです。法律も予算も国会が決めて、内閣が失効します。

法律によって政府に義務付けられた支出というものがあります。契約によって政府が支払うべきものもあります。

税制は法律で決まっており、政府がこれに基づいて徴収します。

で、
法律で義務付けられた支出+契約に従って支払わねければならない額>税収+建設国債+その他政府で何とか都合のつけられる収入

であれば、これは「赤字国債を発行しなければ。」なりません。これには国会による法律が必要なのですが、これを国会が認めないということになれば、法律で義務付けられた支出も支出できなくなります。

こんなことになれば、国会による内閣の統制が崩れてしまいます。民主政治の原則が破れれるのです。国会の手によって。

赤字国債の発行を認めないなら、法律も変えて支出の義務も減らすべきです。


クリックをお願いします。
人気blogランキング
人気blogランキングでは「社会科学」では45位でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック