3号被保険者1,000万人割れ

3号被保険者制度は不公平か?」で、3号被保険者制度が不公平なものなのか度か議論しましたが、3号被保険者は何人いるのでしょうか?厚生労働省年金局が「厚生年金保険・国民年金事業報告」を公表しました。これによると平成23年度末の3号被保険者は、978万人です。初めて、1,000万人を割りました。

3号被保険者の数(万人)(年度末)
年度総数男子女子
191,063101,053
201,044101,033
211,021111,010
221,00511993
2397811967


前国会で通った制度改正で、平成28年10月1日から短時間労働者への適用拡大が進むことになっており、平成28年10月1日から25万人ほど減ることが予定されています。あくまで条件付きの予測ですから、実際に人数がどうなるのかはわかりません。

さて、3号被保険者の配偶者は2号被保険者です。2号被保険者のうち3号被保険者である配偶者を持っている割合はどれぐらいでしょうか。計算してみました。

2号被保険者の数(万人)とは3号である配偶者を持っている割合(年度末)
年度2号被保険者の数3号配偶者を持っている割合持っていない割合
193,90827.3%72.3%
203,89126.8%73.2%
213,86826.4%74.6%
223,88325.9%74.1%
233,89225.1%74.9%


2号被保険者も減理気味ですが、同時に3号被保険者である配偶者を持つ割合が下がっています。理由としては次のものが考えられます。
1 未婚化の進行
2 離別、死別の増加
3 配偶者が2号や1号になっている。主に女性の就業率の上昇でしょう。
4 配偶者が高齢化し、受給者になっている。
5 手続きの漏れ

どれも簡単には逆転しない流れだと思います。基本的には3号被保険者を持つ割合は低下し続けると思います。

人気blogランキングでは「社会科学」の23位でした。
今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング




この記事へのコメント

500drachmas
2012年12月21日 21:00
男性の三号被保険者は96年ころ4万人程度でしたが、随分増えています。以下のレポートでは「夫婦とも二号だった家庭で、夫が先に退職、三号になったのが多いのでは」と推定しています。
http://www.murc.jp/thinktank/economy/overall/japan_reg/watch_1212
2012年12月25日 07:51
500drachmasさん、コメントと分析のご紹介ありがとうございます。
記事で引用した資料の図6によると、男性3号被保険者の30.7%が55から59歳ですので、その可能性は高いと思います。ただ、時系列の比較をしてみないと確実とは言い切れません。

この記事へのトラックバック