2015年9月になってもまだ男の普通の仕事は足りないが

総務省統計局から9月分の労働力調査が発表されました。

働き盛りの男性の就業率は次の通りです。

9月の男性の年齢階級別就業率(%)
年齢1997年2008年2015年97年との差08年との差
25~34歳93.690.790.6△3.0△0.1
35~44歳95.894.393.4△2.4△0.9
45~54歳95.093.393.0△2.0△0.3


徐々に改善してきていて、25歳から34歳では、リーマンショック前まで0.1ポイント差と迫りました。雇用情勢が改善するときには、若い層から改善することが多いのですが、今回もそうなっているようです。45歳から54歳もリーマンショック前に近づいてきています。やや遅れているのが、35歳から44歳層です。

9月の男性の人口と仕事の不足(万人)
年齢2015年の人口1997年2008年
25~34歳70521
35~44歳91822
45~54歳84017
25~54歳2,4636011


改善がゆっくりと続いた結果、リーマンショック前の就業率を回復するためにに必要な就業者は、11万人分(8月は17万人分)になりました。金融危機前を目指すなら60万人分(8月は77万人分)です。大体、2.5%ぐらいです。

2015年8月になってもまだ男の普通の仕事は足りない」で、「最近の動きに幻惑されて、雇用拡大の手を緩めるべきではありません。」と書きましたが、意見に変わりはありません。完全雇用になるまではまだまだ先があります。


人気blogランキングでは「社会科学」の17位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック