人的資本の調整 老

人間は、死なない限り1年に1歳年を取ります。ある年の年齢別人口は、前の年の年齢別人口によって決まってしまいます。変わるのは、「人的資本の調整 生 その2」で取り上げた「生」と今後取り上げる予定の「死」だけです。
その年に需要側が「30歳代の労働者が不足している。採用しよう。」と考えても、人口そのものは都合よく増えたりしません。
人的資本の土台となる人口は、「老」という点から見ると、変化し続けますが、その動きはゆっくりとしたものなのです。

人気blogランキングでは「社会科学」の番外でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック