2015年11月になってもまだ男の普通の仕事は足りない

11月分が発表されました。

働き盛りの男性の就業率は次の通りです。

11月の男性の年齢階級別就業率(%)
年齢1997年2008年2015年97年との差08年との差
25~34歳93.790.489.3△4.4△1.1
35~44歳95.793.893.2△2.5△0.6
45~54歳95.193.192.6△2.5△0.5


2015年10月になってもまだ男の普通の仕事は足りないが」では「25歳から34歳では、ようやくリーマンショック前までの水準を回復しました。」と書けたのですが、逆戻りです。

11月の男性の人口と仕事の不足(万人)
年齢2015年の人口1997年2008年
25~34歳70431
35~44歳91623
45~54歳84321
25~54歳2,4637517


改善がゆっくりと続いた結果、リーマンショック前の就業率を回復するためにに必要な就業者は、17人分(10月は8万人分)になりました。金融危機前を目指すなら75万人分(10月は69万人分)です。大体、2.8%ぐらいです。

この層の就業率は景気と並行して変化しています。構造的失業や摩擦的失業によって就業率が低くなっているわけではありません。

2015年8月になってもまだ男の普通の仕事は足りない」で、「最近の動きに幻惑されて、雇用拡大の手を緩めるべきではありません。」、「女性の就業率が上がったことによって、両性を合わせると就業率は上がっています。完全雇用だと考えている方は、男性にも目を向けてみてはどうでしょうか?」と書きましたが、意見に変わりはありません。完全雇用になるまではまだまだ先があります。

人気blogランキングでは「社会科学」の7位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック