テーマ:政策

コロナと男女の雇用

 コロナと雇用に関しては、「新型コロナウイルスと雇用・暮らしに関するNHK・JILPT共同調査@周燕飛」( http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-362a85.html )で紹介されている独自の調査に基づく立派な分析があるが、ここでは、前回に引き続いて政府の統計、労…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年12月の労働力調査の結果から

 労働力調査の12月分の結果が発表された。15歳以上人口は26万人、0.2%減少し、このうち労働力人口は23万人、0.3%減少した。この結果、労働力人口比率は0.2%ポイント低下した。新型コロナの衝撃による労働市場からの退出はあったとしても一時的なものにとどまった模様である。労働供給が余り減らない以上、労働需要を維持・拡大し、就業、雇用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その6

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その5(https://takamasa.at.webry.info/202101/article_8.html)の続きです。 教訓 さて、2020年には新型コロナの影響で大きな変化が現れたし、政治にも動きがあった。少し古い情報かもしれないが、整理してみた。今後の動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その5

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その4(https://takamasa.at.webry.info/202101/article_7.html)の続きです。  労働市場の拡大  労働力調査をもとに労働市場の状況を考える。人口が減る中で労働力人口は2019年に2012年よりも321万人、4.9%増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その4

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その3(https://takamasa.at.webry.info/202101/article_6.html)の続きです。 財政政策の問題点  このように供給能力に余裕があったことを前提にすると、GNEの構成項目のうち、帰属家賃を除く消費支出と公的資本形成に問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その3

GNEによる検証  財・サービス市場で大幅な需給ギャップが生じていたとしたら古典的な総需要拡大策が有効であったはずである。GNEの動きを基に検証をしてみる。  日銀による大幅な金融緩和は円安を招いたと思われる。2012年の1ドル79.8円から19年には109円になった。これが実質輸出の持続的な増加をもたらした。特に伸びが大きいのは2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年から2019年までの経済のパフォーマンスの回顧と教訓 その1

はじめに  2012年と2019年までの経済のパフォーマンスを検討し、今後の経済運営の参考となる教訓を洗い出したい。2012年からとするのは大幅な金融緩和が開始された、あるいはそれが予告された年であるからであり、2019年までとするのは2020年からは新型コロナにより新しい局面に入ったと考えるからである。  2012年の段階で財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配偶者控除、配偶者特別控除、3号被保険者制度

この三つは、労働供給、特に女性の労働供給に大きな影響を与えるとされている。そして、それらは労働市場をゆがませ、正社員と非正社員の格差につながるとして、あるいは実質的に男女の格差を生み出すとして、廃止が主張される。 しかし、配偶者控除(https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(5月実績から)

「2015年度の税収予想(4月実績から)」までは予想でしたが、5月分の実績が発表されました。ほぼ確定です。法人税の税収が補正予算の見込み額に及ばなかったことが話題になっています。 2016年5月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)17,807,13710,827,40317,426,292昨年度決算額(B)1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2016年5月実績

5月分の実績が発表されました。「消費税の税収  2016年4月実績から」で「この5月分が推計しにくいのが難点です。」と書きましたが、予想を700億円程下回りました 計算方法は「消費税の税収  試算追加」と同じです。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719△36,0075…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(4月実績から)

「2015年度の税収予想(3月実績から)」の続きです。 一般会計の租税、印紙収入の4月分が発表されましたが(http://www.mof.go.jp/tax_policy/reference/taxes_and_stamp_revenues/h201604a.htm)、合計では前年同月に比べて7.2%増えています。4月までの累計で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2016年4月実績から

「消費税の税収  2016年3月実績から」に続き、4月分の実績をもとにした推計です。後は5月分を残すだけになりました。この5月分が推計しにくいのが難点です。 計算方法は「消費税の税収  試算追加」と同じです。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719△36,0075月76…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

労働市場の流動性とブラック企業

2016年5月16日付の日経新聞朝刊、「経済教室」に慶應義塾大学の山本勲先生が「総労働時間の上限規制を」という題で書かれています。 この中で「日本には違法に長時間労働を強いる『ブラック企業』」が存在するといわれる。本来であれば、そうした企業には人材が集まらず、自然と淘汰されるはずだ。そうならないのは、日本で雇用の流動性が低く、労働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不況は潜在成長率を下げる」に賛成

2016年5月14日付日本経済新聞朝刊の大機小機欄にカトー氏が「不況は潜在成長率を下げる」と題して書かれています。中身を紹介します。 データを見ると潜在成長率は景気の循環局面によって、上下動する。つまり、好況の時に潜在成長率は上がり、不況の時に下がる。」ということを指摘され、このような現象が発生する要因として「不況が長引くと物的資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税率の引き上げは、小刻みに

「2015年度の税収予想(3月実績から)」で説明している消費税率ですが、引き上げ延期の声が強くなっているようです。 すでに3%などの大幅な税率引き上げが経済に影響を及ぼすことは明らかになっています。大幅ではなくても税率を変更するのであれば可能であれば経済が過熱した時に引き上げ、停滞しているときは引き上げないのが望ましいのでしょう。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(3月実績から)

「2015年度の税収予想(2月実績から)」に続いて、3月分の実績に基づく予想です。 3月分は合計で前年同月に比べて8.6%増えています。 2016年3月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)15,103,7185,930,65412,998,707昨年度同期実績(B)14,312,4576,157,342…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2016年3月実績から

3月分が発表されました。http://www.mof.go.jp/tax_policy/reference/taxes_and_stamp_revenues/h201603.htm 「消費税の税収  2016年2月実績から」に続き、3月分の実績をもとにした推計です。 計算方法は「消費税の税収  試算追加」と同じです。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(2月実績から)

2月分の実績が発表されましたので、「2015年度の税収予想(1月実績から)」を更新します。 2月分は合計で前年同月に比べて3.4%増えています。 2016年2月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)14,491,1745,732,95812,169,041昨年度同期実績(B)13,720,5725,943…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2016年2月実績から

「消費税の税収  2016年1月実績から」に引き続き、2月の実績をもとにした推計です。 計算方法は「消費税の税収  試算追加」と同じです。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719-5月76,951△31,784-6月46,65420,961-7月1,189,8051,7…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(1月実績から)

「2015年度の税収予想(12月実績から)」の続きです。2016年1月の実績に基づいて試算をしました。1月分は合計で前年同月に比べて5.5%増えています。 2016年1月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)13,823,6284,783,30210,238,812昨年度同期実績(B)13,051,6724,9…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2016年1月実績から

「消費税の税収  2015年12月実績から」の続きです。 1月分の実績が出ましたたので、データを更新します。計算方法は「消費税の税収  試算追加」と同じです。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719-5月76,951△31,784-6月46,65420,961-7月1,…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(12月実績から)

「2015年度の税収予想(11月実績から)」の続きです。12月分が発表になりました。12月分は合計で前年同月に比べて8%増えています。 12月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)11,005,2514,570,1418,942,853昨年度同期実績(B)10,214,2324,799,3386,668,309…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  2015年12月実績から

2015年12月分の税収が発表されましたので、データを更新します。計算方法は前回の「消費税の税収  試算追加」と同じです。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719-5月76,951△31,784-6月46,65420,961-7月1,189,8051,752,441-8月1,…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収  試算追加

「消費税の税収」で書いたように、2014年度の2回目の5月(2015年5月)には、税率引き上げによる特殊事情があります。そこで、そのような要因のなかった2013年度の2回目の5月分(2014年5月分)に新税率6.3%÷旧税率4%をかけたものを計算し、表に追加しました。()書きの数字です。さらに、小売業などで2月決算が多いことを考慮して4…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

消費税の税収

消費税の収入を月別に示してみました。 消費税の税収(100万円)月2014年度2015年度2016年度4月26,476△19,719-5月76,951△31,784-6月46,65420,961-7月1,189,8051,752,441-8月1,294,4371,750,523-9月738,1161,150,537-10月1,08…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

17年度に子育て世帯への現金給付を

「2015年度の税収予想(11月実績から)」で書いた、17年度からの消費税率の引き上げ幅を1%にし、9%の水準にとどめるというのは、軽減税率の議論を考えると無理があるかもしれません。 それならば、子供を育てている家庭に現金給付をしてはどうでしょうか。 推計人口(http://www.stat.go.jp/data/jinsui/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(11月実績から)

11月分が発表になりました。 9月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)9,959,8514,251,5418,114,059昨年度同期実績(B)8,995,6184,645,7565,922,830倍率(C)=(A)/(B)1.1070.915r1.3707昨年度決算額(D)16,790,22711,031,…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(10月実績から)

10月分の実績(http://www.mof.go.jp/tax_policy/reference/taxes_and_stamp_revenues/h201510.htm) が発表されましたので、試算してみます。 9月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)8,660,210960,8766,058,498昨…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の税収予想(9月実績から)

9月分が発表されました。所得税と消費税は好調です。法人税は不調です。この三つを合わせると好調です。好調すぎるのかもしれません。 9月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)7,792,256590,0444,624,544昨年度同期実績(B)6,806,356885,8223,369,291倍率(C)=(A)/(…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

2015年度の税収予想(8月実績から)

8月分が公表されました。 「2015年度の税収予想(7月実績から)」で、「法人税は少し後で追加します。」と書きましたが、今回から追加します。 8月までの税収の動き(百万円)項目所得税法人税消費税実績(A)6,655,892404,9743,472,503昨年度同期実績(B)5,935,6350706,1522,634,323…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more