テーマ:マクロ経済学

続小野理論 最終回

「続小野理論 その9」の続きです。今回が最終回です。 Ⅶ 不況定常状態 1 流動性の罠  実質残高(貨幣)の限界効用に下限β>0が存在するとしよう。実質で測った貨幣をいくら持っていても追加的な貨幣から得られる効用が一定水準より下がらないということを意味する。  この場合、流動性プレミアム(実質残高の限界効用÷消費の限界効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その9

「続小野理論 その8」の続きです。 Ⅵ 金融資産が存在する経済での完全雇用一般均衡  金融資産が存在する経済で、もし、一般均衡つまりすべての市場で均衡が達成されるとしたら、そこでは実物量、賃金、一般物価水準がどのような値に決まるかを考えよう。第5章ではこのような均衡一般物価水準が存在しえないケースがあることを示す。テキストの内容…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その8

「続小野理論 その7」の続きです。 Ⅴ 市場での調整 1 ストック(≡金融資産)市場の調整  このモデルでは実物資産(土地や実物資本財)を想定していないので、ストックは貨幣と株式の二つである。この二つの市場は、調整速度が速く、常に需給が均衡すると仮定されている(仮定5)。需給が均衡するように一般物価水準と株価が決まる。価格によ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その7

「続小野理論 その6」の続きです。 Ⅳ 企業の最適化行動と企業価値  このモデルでは、企業は利潤最大化を目標として行動する。企業は労働を投入して、財を生産し、市場に供給するものと捉えられる。企業の利益はすべて配当として家計に分配される。  企業の労働投入量は企業の労働需要量である。労働投入量が決まれば、生産量は決まる。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その6

「続小野理論 その5」の続きです。 3 二つの予算制約の下で基本方程式を満たす行動 家計は、一方で、フローの予算制約、ストックの予算制約のもとで、基本方程式を満たすように、最適な現在の実質消費、実質消費の成長率、実質貨幣保有量、実質収益資産保有量を決める。これは、財、貨幣、収益資産を需要するものとしての最適化である。 他方、家…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その5

「続小野理論 その4」の続きです。 2 予算制約  均衡条件だけでは家計の行動は決定されない。家計が決定することができず、所与のものとして受け入れなければならないものがある。また、行動できる範囲の制限が必要である。前者は価格体系(価格が決まれば株式(収益資産)の名目収益率も決まることに注意。)であり後者はストックとフローの予算制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その4

「続小野理論 その3」の続きです。 Ⅲ 家計の最適化行動 1 消費と貯蓄、資産配分の決定  家計は、その期の実質所得をその期に消費するか、貯蓄するかを選べる。貯蓄する場合には貨幣を保有して流動性を得て、次期に消費するか、株式(収益性資産)を保有して収益を得て次期に消費するかを選べる。 家計は、これらの選択肢のうちどれを選ぶか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その3

「続小野理論 その2」の続きです。 このモデルで用いられている特徴的な定義などは次のとおりである。 (特徴的な定義1)流動性プレミアム:流動性の限界効用を消費の限界効用で割ったもの。(限界効用を限界効用で割るので無名数になると私は考えているが、間違っているかもしれない。) (特徴的な定義2)消費の利子率:時間選好率+一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その2

「続小野理論 その1」の続きです。今回は、小野モデルで使われている仮定のまとめです。定義については、次回。 Ⅱ 小野モデルの仮定と定義 1 特徴的な仮定 不況均衡が存在しえるのは、次の特徴的な仮定からである。 (特長的な仮定1)  代表的な家計は各期間において消費と流動性から効用を得る。二つの効用は全く別のものである。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続小野理論 その1

「小野理論」のやり直しです。 ここで取り上げるのは小野善康『金融』(岩波書店)第5章までの小野モデルです。勉強の途中であり、浅学菲才のみで書いているので間違っている可能性は大いにあります。そのつもりでお読みいただきたい。 Ⅰ 小野モデルの特長 小野モデルは、不完全雇用・物価下落均衡を説明できる動学的なモデルである。この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その47

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その46」の続きで、テキストの「3.3.3 モデルの枠組み」と「3.3.4 将来財市場と基本債券」に入ります。 2期間のモデルで説明されています。 仮定1 財の種類に関するもの=条件付き将来財 1 個人がI人 2 財は消費財が物理的には1種類だけ 3 1期目の状態(state…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その46

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その45」の続きです。 3.3 不確実性と資産価格  もし、「個人間の取引を捨象した代表的個人モデルが、多くの個人が資産市場で活発に取引している経済モデルに正確に対応している」(テキスト123ページ)と「マクロの経済変数のみから資産価格を導出できる。」(テキスト同ページ)代表的個人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その45

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その44」から、大分間が空いてしまいましたが。 今回は、再確認です。消費パターンと利子率の関係です。 (3-14)式は、次の代表的個人の主体均衡条件を示す。 債券の割引価格=第1期の総消費÷第2期の総消費 (3-6)式で定義されているように、 債券の割引価格≡1÷(1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その44

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その43」で説明したモデルの特長は次の通りです。 1 所得の違いにもかかわらず個人の消費パターンが皆同じであり、したがって総消費のパターンと個人の消費のパターンがパラレルである。 2 割引債の市場で均衡価格が成立しており、すべての個人について割引率が同じである。 3 1,2か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その43

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その42」に続き、財市場と割引債市場の均衡条件について説明します。 まず、財市場から始めます。このモデルでは、財の種類は一つで、これを投入して生産を行うことはなく、消費するだけです。つまり、消費財の均衡を考えることになります。 消費財市場の均衡条件は次の通りです。 モデルが二期の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その42

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その41」に続き、今回は「3.2 消費パターンの平準化と資産価格」に入ります。 「消費者には、各期一定の消費を維持しようとする性向があると仮定する。」とされています。日常の経験に照らしても、妥当でしょうし、財の種類が1種類しかなく、この財か余暇かという選択を消費者がするのであれば、普通の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その41

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その39」で、(粗)割引率、1+rは、現在財の価格、p1と将来財の価格p2の比p1÷p2であることを説明し、でこれが消費者の裁定行動を通じて実現されることを示しました。 「3.1.5 相対価格と限界代替率」では、この相対価格が消費者行動から決まることが説明されています。 この小節を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その40

今回は、「3.1.4 裁定市場と市場の効率性」の解説です。前回示した「粗割引率1+rはp2÷p1、つまり将来財と現在財の相対価格に等しい」理由をもう一度考えます。 ここで重要なのは、裁定取引、あるいは裁定機会という概念です。社会人の中には現実の裁定取引を知っている方と知らない方がいます。どちらにとっても経済学で言う裁定機会、裁定取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その39

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その38」の続きです。 今回から、「第3章 資産価格決定理論と代表的個人」に入ります。テキストに書かれているとおり、「代表的個人モデルが多くの主体が取引を行っている経済とどのような対応関係にあるのかを明らかにすること」、「資産価格決定メカニズムを新古典派モデルの中で解明すること」が目標で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その38

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その37」の続きです。 第2章の解説の最後として、今回は重複世代モデルの性質を、おさらいしておこうと思います。一定に留まるバブルの意義を再確認することが目的です。また、利子が付かず償還もされない政府債券とは何かと言うことも考えます。 まず、モデルの前提です。技術的な条件が二つありま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その37

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その36」で導いた位相図から得られるこの二つの定常状態の比較をしてみます。 (赤字は指数です。) 資本と政府債券の価格であるバブルについては既に示しました。 S点の資本kは、黄金律の水準でα1/(1-α)バブルは{1/(2α)×(1-3α)}{α1/(1-α)}でした。資本減耗の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その36

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その35」に引き続いて、「2.4.8 バブルの経路」の説明を続けます。 前回も書きましたが、位相図2.12を導き出すのが目標です。このためには、バブルが一定に留まるΔP=0線と一人当たり実物資本が一定となるΔk=0線が必要です。前回、ΔP=0線を導き出しましたので、今回はΔk=0線を導き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その35

今回と次回は、「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その34」に引き続いて、「2.4.8 バブルの経路」の説明です。 (赤字は指数です。) (2008年4月21日、大幅に改定しました。) 図2.12に、位相図がありますが、これを導き出します。 このためには位相図を区切る二つの線が必要です。一つはバブルである政府債券…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その34

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その33」で示した「簡単な世代重複モデル」を前提にすれば、競争市場のメカニズムで効率的な資源配分を達成できるとは限らず、過剰な資本の蓄積が行われるおそれがありました。どのようなシステムを外部から与えれば、動学的な効率性を達成し、過剰な資本の蓄積を回避できるのでしょうか?これを考えるのが「2.4…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その33

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その32」の続きです。 (注)赤字は指数です。 今回は「2.4.2 世代重複モデル(overlapping generations model:OLG model):成長しないバブル」から始めます。 利他的な関係で各世代が結びついていることを前提にした無限に生きる個人モデルで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その32

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その31」までは無限に生きる個人、あるいは王朝を前提として議論してきました。このモデルは利他的な個人を想定してきました。前回でこのモデルの説明は終わり、今回からは、「2.4 市場調整の失敗:世代重複モデルを通して」に入ります。世代重複モデルでは、有限の期間生き、他人の消費が自分の効用に影響を与…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その31

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その30」に続いで、「2.3.6 実物的景気循環論への応用」の解説です。 前回説明したとおり技術的ショックには、予想されずに生じて永続するもの、予想されずに生じて効果が一時的なもので終わるもの、予想されていて効果が永続するもの、予想されていて効果が一時的なものの4通りがあります。注意が必…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その30

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その29」の続きです。 2.3.6 実物的景気循環論への応用 生産関数に対する一回限りの技術的ショックがあると均衡経路が変化し、その結果、定常状態に向かう経済の動きが単調なものではなくなります。これが景気循環として観察されると理解するのです。 これに対して、生産関数の連続的なプラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その29

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その28」の続きで、「2.3.5 モジリアーニ・ミラー定理と投資」です。 「企業の資金調達行動が投資水準や資本蓄積に一切影響しない」。これがモジリアーニ・ミラー定理です。 テキストの説明は、これまでの説明から飛躍している部分があります。ここまでは基本的に貨幣や債券、株式などの証券が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その28

「社会人のための『新しいマクロ経済学』解説 その27」の続きで、「2.3.4 リカードの中立命題と消費」の説明です。 リカードの中立命題は等価命題(equivalence theorem)とも呼ばれています。 次の条件の下では、t期の一人当たり政府支出(gt)が所与である場合それ を税金でまかなうか、政府の借入でまかなうか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more