労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の公務部門の効率は低いのか?

<<   作成日時 : 2005/06/29 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

労務屋@保守おやじさんが、日本の公的部門の職員の一人あたり効率は低そうだと述べておられます。http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20050627

そのこと自体にはいろいろ議論があるのでしょうが、労務屋@保守おやじさんの論拠がどうも腑に落ちません。

労務屋@保守おやじさんの論拠をご紹介します。

まず、
(a)=公的部門の職員数÷人口×1,000
(b)=一般政府の人件費÷GDP
とします。
そして(b)÷(a)を効率性の指標とします。
これを計算し、日本を1として指数化すると、
日本 1
フランス 0.72
ドイツ   0.71
アメリカ 0.62
イギリス 0.52
となると計算されています。
ですから、おそらく(b)÷(a)が大きいほど効率性が低いと判断されているようです。

少し議論がしづらいのでをこれの逆数X=(a)÷(b)を取って、効率性の指標とします。大きいほど効率性が高いと考えるわけです。

果たしてこのXを効率性の指標と考えていいものでしょうか。
元に戻ってXがどのような数字か考えてみます。
X=(a)÷(b)
 =(公的部門の職員数÷人口×1,000)÷(一般政府の人件費÷GDP)
 =(GDP÷人口)×(公的部門の職員数÷一般政府の人件費)×1,000
 =(GDP÷人口)÷(一般政府の人件費÷公的部門の職員数)×1,000
 =一人あたりGDP÷(公的部門の職員一人あたり人件費)×1,000
です。

これが公務部門の職員一人あたりの効率を示すのでしょうか。
一人あたりGDPが大きいほどこの指標は大きくなりますが、一人あたりGDPを決めるのは、人口に占める労働者の割合、一人あたり資本、技術でしょう。どれも公務とは関係がありません。
公的部門の職員一人あたり人件費が安いほどこの指標は大きくなりますが、公的部門の職員一人あたり人件費が安いから、一人あたりの効率が高いとも言えません。

ふだん、労務屋@保守おやじさんのエントリを参考にさせていただいているので、今回のご主張にはとまどいを感じています。私がなにか誤解をしているのでしょうか?

念のためですが、日本の公務員の効率型の先進諸国より高いと主張しているわけではありません。よく分からないというのが私の本音です。

人気blogランキングでは「社会科学」の19位でした。クリックしていただいた方、ありがとうございました。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[government]公務員の効率性
昨日書いたことに大いに関連するのですが、労務屋さんが東谷さんの記事を題材に日本の公務員の効率の悪さを論じていらっしゃいます。が、労務屋さんの指摘する効率性の悪さと、引用されている東谷さんの1人あたり人件費の高さは実は同じものを指していて(この点については、平家さんが丹念に式を分解して分析されています)、労務屋さんが企図されているような東谷さんへの反論にはなっていないように思えます。 ...続きを見る
bewaad institute@kas...
2005/06/29 04:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
平家さん、ご指摘ありがとうございます。この算術は「公務員の人件費単価が一人当たりGDPに較べて低いほうが効率的だろう」といういとも直感的な発想で考えたのですが、たしかに一人あたりGDPに対する公務の影響は微々たるものでしょうから、ご指摘のとおりと思います。私の浅慮を率直に認め、ご指摘にあらためて感謝します。
公務員の効率の測定というのは難しいですね。

労務屋@保守おやじ
2005/06/29 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の公務部門の効率は低いのか? 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる