労働、社会問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府の大きさ その4

<<   作成日時 : 2005/11/11 07:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政府の大きさ その3」に引き続き、収入の検討をしたいと思います。

下の表は、「その1」で書いた表を少し抜き出して、加工したものです。

<caption align="center">一般政府の収入(単位:兆円)</caption>
項目1980年度1990年度2000年度2003年度
T 生産・輸入品に課される税17.834.942.640.8
1 生産物に課される税9.316.823.522.9
内付加価値税0.05.812.412.1
2 生産に課されるその他の税8.618.119.117.9
V 所得・富などに課される税27.360.946.336.7
内所得に課される税26.459.043.834.3
資本移転の内居住者の資本税0.41.91.81.4
税合計45.697.790.779.0
W 社会負担17.936.950.551.8
税・社会負担合計63.5134.6141.2130.8
その他の収入6.414.012.513.1
収入の内税の割合65.2%65.7%59.0%54.9%
社会負担の割合25.6%24.8%32.9%36.0%
税・社会負担の割合90.8%90.6%91.9%90.9%
その他の収入の割合9.2%9.4%8.1%9.1%
収入マイナス支出−10.711.9−34.1−37.5



ご覧いただくと分かるように、税は1990年度を頂点に落ち込んでいます。特に2003年度は大幅に落ち込んでいます。一方、社会負担は増加し続けています。両者を併せると2000年度までは増加、2003年度は税の落ち込みを社会負担で吸収しきれず減少しています。

収入に占める割合では、両者計で常に90%強です。税と社会負担が収入の二本柱なのです。

以上説明してきた支出と収入の差も示してあります。1980年度は10.7兆円の支出超過、バブル期の1990年度は11.9兆円の収入超過です。そして200年には34.1兆円の支出超過となり、2003年度はさらに支出の超過幅が増え、37.5兆円になっています。

次回に続きます。

人気blogランキングでは「社会科学」の24位でした。今日も↓クリックをお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府の大きさ その4 労働、社会問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる